ちょっとした隙間も見逃すな! 一人暮らしの収納アイデア

憧れの一人暮らしを始めたけれど、部屋がすぐに散らかってしまうという方は多いのではないでしょうか。一人暮らし向けの物件は収納場所が少ない所も多く、綺麗に物を片付けるのにはコツがいります。

そこで、一人暮らしで片付けに悩んでいる方のために、収納のアイデアをご紹介しましょう。

  1. できるだけ収納スペースがある部屋を借りよう
  2. 持ち物はできるだけ少なく
  3. タンスなど大型家具を置かない
  4. ベッドの下や壁などをとことん利用

1.できるだけ収納スペースがある部屋を借りよう

まずはこれから一人暮らしをする、という方へのアドバイス。部屋を借りるときは、小さくてもいいので収納スペースのある部屋を借りましょう。いくら部屋が広くても収納スペースがないと物の置き場所が定まりにくく、部屋が散らかりやすくなります。「こんな小さな収納スペースなんて無いほうがましだ」なんてことはありませんよ。

2.持ち物はできるだけ少なく

一人暮らし向けの物件はほとんどが1Rタイプ。実家に暮らしているようなつもりでモノを持ち込むと、あっという間に部屋の収納キャパシティを超えてしまいます。

一人暮らしの部屋を綺麗に保つ一番のコツは不用意にものを増やさないこと。ついつい増えてしまいがちな本は電子書籍を利用する。服はシーズンが終わったら実家に送り、そちらに保管してもらうなどの工夫をしましょう。実家が利用できない場合はシーズンが変わるごとに手持ちの服を見直し、着ない服を処分する勇気を持ってください。

3.タンスなど大型家具を置かない

収納スペースがない部屋を借りた場合、家族から「タンスなどの収納家具を持っていったら?」と勧められることがあります。しかし、1Rに大型家具を置いてしまうと狭い部屋がますます狭くなります。しかもタンスなどは入れられるものが決まってしまうので、かえって使いにくいでしょう。タンスや食器棚などの大型家具は一人暮らしには不要です。

どうしても収納家具が欲しいという場合は、カラーボックスを利用しましょう。この2つならば色々なものを入れられますし、縦にも横にも置くことができますから、置き方次第で部屋を広く使うこともできます。

また、あまり見られたくないものをいれるときは不透明なかごやボックスに収納し、そのうえでカラーボックスに入れれば人目に触れる心配もありません。

4.ベッドの下や壁などをとことん利用

狭い部屋にモノをうまく収納するコツは、隙間をうまく利用することです。例えばベッドの下に衣装ケースを置けば、即席のタンスができます。

また、壁に100円ショップで売っているワイヤーネットを吊るせばそこにフックをかけて収納スペースを作ることができます。このようなアイデアを掲載しているサイトはたくさんありますので、検索して参考にしてみましょう。

まとめ

この記事では、一人暮らしで片付けに悩んでいる方のために、収納のアイデアを4つ紹介しました。一人暮らしの皆様の参考になれば幸いです。

トランクルームで収納不足の悩みを解決!