リビングの収納アイデア満載!スッキリしたリビングにするコツ

リビング家族がいる方の頭を悩ませがちなのが「リビング収納」です。
リビングには細かいものが多いうえに、アイテム数も多く、ついついいろんなところにいろんなものが散らかってしまいます。
家族全員が使うものはリビングに置いておくのがベストですから、モノに置き場所を与えてあげましょう。
リビングで散らかりがちなものを収納するアイデアをご紹介しています。
子供がいるからリビングが散らかる!と悩んでいる方、ぜひ参考になさってください。

ふた付きの棚・引き出しを利用して

リビングの収納の基本は「見せない収納」を心がけましょう。
オープンな棚は基本的に収納するというよりは「飾る」つもりで使うと使いこなせます。
収納庫に使うのはふた付きの棚や引き出しなどです。
テレビ台の下も立派な収納庫になりますね。
そういった収納庫の中に、さらに細かい仕切りをして細かいものを収納していきます。

引出し収納の例
ふた付き棚収納の例

ポイントは、中を細かく仕切ること。
ふた付きの棚はざっくりした空間ですから、細かい仕切り棚を入れてラべリングすれば文具やつめ切り・耳かきなど細かいものの収納が出来上がります。
リビングで迷子になりがちな「細かいものたち」はこうやって収納すると迷子にならなくなります。
家族にも伝え、「使ったらココに戻してね」というルールを徹底してもらいましょう。

統一感を出すためのポイントとテクニック

リビングに物は出していないけど何となく雑然としている・・・という方は、統一感のなさが原因です。
収納するためのグッズや棚は同じ会社のものでそろえるなどして統一感を出しましょう。
シリーズでそろえるだけでもリビングの雰囲気はぐっと違ってきます。
そして、リビングに出しておくものは極力少なめに。
見えているものは厳選した「飾り」だけにしておき、普段使うものは前述した棚や引き出しに必ずしまっておきます。
どうしても外に出しておきたいものや、棚や引き出しにおさまらないものは「かご」を利用して。
ぬいぐるみやおもちゃも、かごに入れておけば散らかった感じになりません。
かごは非常に便利に使える収納アイテムです。
上手に使って「インテリア兼収納」にしていただきたいですね。

リビングの収納アイデアまとめ

  • リビングの収納は「見せない収納」を基本に
  • 引き出しや棚を細かく仕切り、ラべリングして小物収納する
  • 同じシリーズの家具・収納グッズで統一感を出す
  • どうしても外に出るものはかごで収納

リビングには家族が使うものがたくさんあふれ出てしまいがち。
見えない収納を基本にして、細かく仕切れる棚やラべリングで収納していきます。
耳かきや絆創膏など、同じカテゴリで少しずつ仕切っていくのがポイントですね。
外に出すものも、むき出しにせずかごに入れておくとリビングがぐっと落ち着いた雰囲気になります。

トランクルームで収納不足の悩みを解決!