灯油の正しい保管方法は?消費期間や余った灯油の処分方法も紹介!


灯油そろそろ秋も深まり、暖房が必要な季節になってきました。
今は、エアコンで暖をとるご家庭も多いです。
しかし、寒さの厳しい地域や広い家では石油ストーブがよく利用されています。
そこで、今回は石油ストーブの燃料である灯油の保管方法についてご紹介しましょう。
灯油は、私たちの最も身近にある危険物のひとつ。
扱いを間違えると火事の原因になります。
ですから、毎年灯油を購入しているという方もこの記事を読んで保管方法を見直してみてください。

目次

  1. 灯油とはどんな物質?
  2. 灯油の保管方法とは?
  3. 灯油が余った場合はどこで処分してもらえばいいの?
  4. 石油ストーブに残った灯油はどうすればいいの?
  5. おわりに

1.灯油とはどんな物質?

灯油は、石油ストーブなどの燃料になる石油製品です。
昔は、1号灯油2号灯油という2種類の灯油が流通していましたが、今は1号灯油だけが流通しています。
ガソリンと同じくガソリンスタンドで販売されるほか、冬になると灯油の移動販売車がやってくる地域もあるでしょう。
特に、北国では使用頻度が多いので、大量に買って保存してある家も珍しくありません。

2.灯油の保管方法とは?

では、灯油はどのように保管すればよいのでしょうか?
この項では、灯油を保管する容器や保管場所、さらに灯油の消費期限などをご紹介します。

2-1.灯油はどんな容器で保管すればいいの?

灯油を保管する容器は、ポリエチレン製の専用タンク(ポリタンク)や一斗缶、金属製のタンクで保存します。
北国など冬の間にたくさん灯油を使用する場所では、大容量の金属製タンクが据え置きされている家庭も多いです。
厳冬期だけ石油ストーブを使うというご家庭では、18リットル入りのポリタンクを利用することが一般的でしょう。
キャンプなどで灯油を使うという場合は、携帯缶を利用してください。
金属製の元やポリエチレン製のものがあります。
ペットボトルは破損の心配がある上に、直射日光で当たるため灯油が劣化しやすいです。
緊急のときを除いて灯油の保管や運搬に利用してはいけません。
また、今は災害に備えて灯油の缶詰も販売されています。

2-2.灯油はどんな場所で保管すればいいの?

灯油を保管する容器は、すべて不透明です。
これは、直射日光が灯油に当たらないようにするため。
意外かもしれませんが、紫外線で灯油は劣化します。
ですから、灯油を保管する場合は、直射日光が当たらないようにしましょう。
また、灯油が温まる膨張して体積が増えます。
ですから、保管容器に満杯の灯油を日当たりのよい場所に保管しておくと、体積が膨張してふたを開けた瞬間に噴き出す可能性もあるのです。
灯油は、できるだけ室内で保管しましょう。
もし、屋外に保存しなければならない場合は、できるだけ日光の当たらない場所にカバーをかけておいてください。
また、灯油は雨水が混入すると使い物にならなくなります。
ですから、屋内であっても雨水が入りこむような場所には置かないように注意してください。

2-3.集合住宅で灯油を保管するときの注意点とは?

アパートやマンションなどに住んでいると、灯油の保管場所に困ることがあります。
アパートやマンションの廊下は共有部分ですから、灯油を置けないところも多いです。
また、灯油が盗難にあう恐れもあるでしょう。部屋から離れていても、物置がある場合はそこに保管しましょう。
さらに、玄関に置いておくのもお勧めです。
ベランダが広い物件の場合は、そこに保管をしたいと思う方も多いでしょう。
しかし、ベランダは火災が起きた際に避難経路になります。
そこに灯油を置いておけば、非難の妨げになるかもしれません。
管理規約でベランダでの灯油保管を禁止しているマンションもあります。
ですから、ベランダで灯油を保管したいという場合は、管理規約をよく読んで避難の妨げにならないように保管しましょう。

2-4.灯油の消費期限はどのくらい?

春になってストーブを使わなくなっても、灯油が余っていることは珍しくありません。
「そのまま冬まで取っておこう」という方もいるでしょう。
しかし、灯油は石油製品の中でも劣化しやすいのです。
保管容器の中に少しだけ灯油が残っている状態で保存しておくと、酸化したり雨水と混じったりする可能性があります。
このように、劣化したり不純物が混じったりした灯油を「不良灯油」というのです。
灯油は本来無色透明。
しかし、不良灯油の場合は薄黄色に色がついています。
また、雨水などが混ざった場合は、水が灯油の下にたまっているでしょう。
このような不良灯油を無理やり使うと、ストーブが不完全燃焼を起こしたり火災の原因になったりします。
また、不良灯油を使ってストーブが故障した場合は、保証の対象外になるのです。
さらに、別の燃料の缶に灯油を保管しておいても、不良灯油になりやすいでしょう。
ですから、灯油が余った場合はもったいないですが処分してください。
ただし、北国でよく使われる金属製のタンクならば、灯油を長期保管できます。
それでも、次のシーズンに必ず使い切ってください。
1シーズン全く使わなかった灯油は、劣化して使い物にならなくなります。
このような灯油も、処分してください。

3.灯油が余った場合はどこで処分してもらえばいいの?

灯油は、購入した店で処分してもらえます。ガソリンスタンドで購入した場合は、そこに持っていきましょう。
移動販売車から買ったという場合は、まずは領収書を確認してください。
灯油の移動販売は、営業所があるはずです。
ですから、そこに連絡をすれば引き取ってくれるでしょう。
レシートや領収書に電話番号が書いてあるはずです。
また、ガソリンスタンドであれば、灯油を引き取ってくれる店もあります。
灯油の処分に困っているという場合は、もよりのガソリンスタンドに聞いてみましょう。

4.石油ストーブに残った灯油はどうすればいいの?

石油ストーブのタンクの中に残った石油は、多ければ石油の保管容器の中に戻しましょう。
ほんの少しだけ残っているという場合は、ストーブをつけて燃やしてしまってください。
ただし、少量だからといってたき火などにまいてはいけません。
灯油は大変燃焼力が強い液体です。
ですから、不用意に着火すれば激しい炎が上がるでしょう。
また、灯油を扱った後はよく手を洗ってください。
服についてしまった場合は、下洗いをしてから洗濯機で洗濯しましょう。
灯油を手や服につけたまま火のそばに近寄れば、大事故になるかもしれません。

5.おわりに

いかがでしたか?
今回は、灯油の保管方法についてご紹介しました。
まとめると

  • 灯油は、専用の保管容器に入れて保管する。
  • 直射日光をさけ、雨水が入らないように保管する。
  • 集合住宅の場合は、保管場所に気をつける。
  • 灯油の消費期限はワンシーズンである。
  • 劣化した灯油を使わない。

ということです。
灯油は保管場所と方法にさえ気をつければ、次のシーズンまで保管できるでしょう。
しかし、ポリエチレン製のタンクでは難しいです。
ですから、春が近くなったら灯油を買う量を調整してください。
灯油は、1リットル単位で販売してくれます。
ですから、必要な分だけ買いましょう。
また、近頃は大容量タンクに保管されている灯油の盗難も相次いでいます。
ですから、大容量のタンクに灯油を保管してある場合は、盗難防止グッズなどを使ってください。
ホームセンターなどに手ごろな値段で販売されています。