物置代わりだけじゃない。トランクルームの有効活用術とは?

「トランクルーム」というと普段は使わないものをしまっておく物置代わりに利用するもの。と思っている方は多いでしょう。
しかし、トランクルームは単に物置の代わりにするだけではもったいないのです。
そこで今回は、トランクルームの有効活用術をご紹介しましょう。

トランクルームとレンタル収納スペースは違う?

個人が借りることのできる収納スペースの代表的なものに、「トランクルーム」と「レンタル収納スペース」があります。
どちらも同じものじゃないの? と思いがちですが、この2つにははっきりとした違いがあるのです。

まずは「トランクルーム」ですが、これは国土交通大臣の登録を倉庫業者でなくては運営できません。
荷物の保管も登録された倉庫などを使用し、荷物の出し入れは業者、もしくは業者が付き添いのもとで、利用者が行います。
たとえ「24時間お客様が自由に荷物を出し入れできます」と謳っている所でも、スタッフが常駐している所が大部分でしょう。つまり、管理体制や警備体制がしっかりとしているのです。

一方「レンタル収納スペース」は不動産賃貸業者が運営しており、とくに届け出や登録などは必要ありません。
保管場所はマンションの一室や倉庫などを利用します。
空き地などにコンテナが積んであり、「レンタル倉庫」と書かれた看板がたっていたりするのを見たことがある方もいるでしょう。
これもレンタル収納スペースのひとつです。
荷物の出し入れは利用者が自由に行えますが、スタッフは常駐していない場合が多く、警備体制は万全とは言えません。
でもその分利用者の自由度は高く、物置代わりに使う人の他、趣味のスペースとして利用することもできます。
費用もトランクルームより安い場合が多いですね。

物置代わりだけじゃない! トランクルームの利用法

警備体制や管理体制がしっかりしているトランクルームは、貴重品の保管場所としても優れています。
たとえば貴重な書籍や楽器、ワインなどは自宅に保管しておくと盗難や温度や湿度の状態による劣化が心配です。
しかし、トランクルームならばセキュリティシステムが完備されており、温度や湿度が一定に保たれている場所が多いので品物の劣化の心配も少ないです。
貴重品の管理、というと銀行の貸金庫というイメージがありますが、でも貸金庫よりもトランクルームの方が数倍面積が大きく、より大きなものやたくさんのものを預けることができます。
ですから、「長期出張が決まり、部屋を長い間留守にするけれどその間空き巣に入られたらどうしよう」
「家を建て替えるのだけれど、その間の仮住まいの場所に収納スペースが狭い。入りきらなかった家財道具をどうしよう」
などとお悩みの方もトランクルームの利用がお勧めです。

トランクルームで収納不足の悩みを解決!