ワンルームを片付けるコツを紹介! トランクルームを上手に活用しよう

ワンルームは収納スペースがとても狭く、あっという間にもので溢れてしまいます。どこに何を収納すればいいのか、収納スペースに入りきれないものはどうすればいいのか……など、ワンルームの片付けで悩んでいる方は多いでしょう。どうしても収納スペースが足りないときには、トランクルームを活用する方法もあります。

本記事では、ワンルームを片付ける方法やトランクルームの活用事例などを紹介しましょう。

  1. ワンルームの片付けが難しい理由
  2. ワンルームを片付けるコツ
  3. ワンルームを片付ける手順
  4. トランクルームを活用する方法も
  5. ワンルームの片付けに関してよくある質問

この記事を読むことで、ワンルームを片付ける手順やトランクルームを上手に活用する方法なども分かります。悩んでいる方はぜひ参考にしてください。

1.ワンルームの片付けが難しい理由

最初に、ワンルームの片付けが難しい理由をチェックしておきましょう。

1-1.収納スペースが少ない

ワンルームの片付けが難しい1番の理由としては、収納スペースが少ないことが挙げられます。部屋の中に1つだけクローゼットまたは押し入れが備わっているワンルームがほとんどでしょう。収納スペースが少ないと、ものを置く場所がなくなり、床に放置してしまったり不用品がたまりやすくなったりします。

部屋が狭いからこそ、居住空間と収納スペースがごちゃごちゃになってしまうのも片付けが難しい理由の1つでしょう。

1-2.ゾーニングが難しい

ワンルームは意外とゾーニングが難しく、ものが散乱してしまいやすい傾向があります。ゾーニングとは、シーン別に部屋を区切ることです。大まかに分けると、ワークスペース・キッチン・リラックスエリアなどがあります。ワンルームはキッチンと居室が一体になっているため、シーン別に部屋を区切ることができず、片付けが難しくなってしまうのです。

また、ベッドやテーブルなど大型家具を1つ設置するだけでも、居住スペースが狭くなります。ゾーニングが困難で置けるものも限られてしまうところが、ワンルームの片付けが難しい理由といえるでしょう。

フィギュアはいつのまにか増えてしまうものなんですね。
はい。ですから保管場所にも悩みやすいんです。

2.ワンルームを片付けるコツ

ここでは、ワンルームを片付けるコツについて説明します。

2-1.所有物は必要最低限に

ワンルームは収納スペースがとても狭いからこそ、不要なものはどんどん処分すべきです。使わないもの・要らないものは処分して、必要最低限のものだけ部屋に置くようにしましょう。必要最低限のものだけにすることで、収納スペースに余裕が生まれますし、ワンルームでも広く感じられるようになります。

逆に、収納スペースに入りきれないものを持ち続けていると、部屋の中がたくさんのもので溢れかえってしまうでしょう。どこに何があるのか把握できるようにすることが、片付けやすい環境への第一歩となります。何が必要で何が不要なのか、判断する力が必要です。

2-2.少しずつ片付ける

一気にワンルームを片付けようと思っていませんか? 一気に片付けようとする気力は大切ですが、一気に片付けてしまうとさらに部屋の中が散らかる恐れがあります。特に、大量のゴミや不用品で溢れているワンルームほど、途中で片付けが面倒になってしまいがちです。また、一気に片付けるとリバウンドする可能性が高くなります。

大切なのは、自分に負担がかからない程度で片付けを進めることです。1日に数分だけでも構いませんので、少しずつ片付けるところから始めてみてください。そうすれば、片付けを習慣づけることができるでしょう。

2-3.使っていないものは捨てる

ワンルームの片付けは、できるだけ要らないものを捨てることが大切なポイントです。ただし、「いつか使うから」と捨てずに取っておく方がいるでしょう。いつか使うものは「今」必要ないものですので捨ててください。

前述したように、ワンルームの片付けは必要最低限のものだけを残すことが大切なポイントになります。使っていないもの・今必要ないものは処分することを意識しましょう。どうしても捨てたくないものは、どこに収納するのかを考えた上で手元に置いてください。

2-4.収納家具に買い換える

予算に余裕があれば、ベッドやソファーなどの大型家具を収納家具に買い換えるのもワンルームを片付けるコツです。ワンルームは収納スペースが狭いからこそ、収納場所をうまく作ることも大切なポイントとなります。家具の中には、収納物を展示したり陳列したりすることを目的としたものもあるでしょう。

たとえば、マットレスの下に収納スペースがあるベッドや収納付きソファーなどです。大型家具を収納付きタイプにすることで、収納スペースが増えるだけでなく、場所を取りやすい大型家具でも収納場所として活用できるので一石二鳥といえるでしょう。

紫外線対策も重要なんですね。
はい。また、湿気やほこりの対策もしておきましょう。

3.ワンルームを片付ける手順

ここでは、ワンルームを片付ける手順について詳しく説明します。

3-1.ものを1箇所に集める

まずは、持っているものを1箇所に集めましょう。クローゼットや押し入れの中に入っているものをすべて取り出して、1箇所に集めることで自分がどのくらいのものを持っているのか把握しやすくなります。

また、収納ススペースがどのくらいあるのかもチェックできるでしょう。収納スペースに入りきるほどものをぎゅうぎゅう詰めにするのは`NGです。収納スペースは、2割程度余裕を残しておく形が理想ですので、入りきれないものは処分しましょう。

3-2.必要なものと要らないものに分ける

ものを1箇所に集めたら、次に必要なものと要らないものに仕分けていきます。前述したように、使っていないもの・今必要ないものは処分してください。また、ほかのもので代用できたり、同じものが複数あったりする場合も必要最低限になるよう捨てましょう。

ここで、できる限りものを減らすことがワンルームを片付けるポイントでもあります。どうしても捨てたくないものは、「一時保管ボックス」に入れておき、ある程度片付けてからもう一度じっくりと考えてみてください。

3-3.適切な場所に収納する

必要なものに仕分けたものを、適切な場所に収納していきましょう。収納場所を決めるコツは、使う場所の近くにすることです。たとえば、リモコンはテレビの近く・アクセサリーや化粧品はテーブルの引き出しなど、使う場所の近くに定位置を作ることで、使ったらすぐに片付けられる環境になります。ワンルームは狭いスペースだからこそものが散乱しやすい傾向があるため、定位置をきちんと決めることが大切です。

3-4.要らないものを処分する

必要なものが収納できた後は、要らないものを処分してください。不用品をそのまま放置してしまいがちですが、放置するほど部屋の中がごちゃごちゃになってしまいます。不用品は早めに処分することが大切です。なお、不用品の量が少なければ、自分でゴミを分類し、自治体回収で捨てることができるでしょう。

けれども、大量の不用品が発生した際は近所迷惑になる恐れがあるため、不用品回収業者に依頼するのがおすすめです。不用品回収業者に依頼すれば、ゴミを分類したり運んだりする必要がないため、スピーディーに不要なものが処分できるでしょう。

トランクルームを借りるのも1つの方法なんですね。
はい。品質を保ちながら保管したいならおすすめです。

4.トランクルームを活用する方法も

ここでは、トランクルームを活用する方法について詳しく説明します。

4-1.もう1つの収納場所として

どうしても処分したくない・保管しておきたいものがたくさんある場合は、トランクルームを活用するのも選択肢の1つです。トランクルームとは、日本で急速に普及している収納サービスとなります。自宅に収納場所がない場合、ほかの場所にもう1つの収納場所を作ることができるでしょう。

トランクルームといえば外に設置されているコンテナをイメージしがちですが、主要駅のビルなどにも屋内型のトランクルームが増えてきています。トランクルームを利用すれば、ワンルームで保管できないものも捨てずに収納できるというわけです。

4-2.トランクルームの活用事例はさまざま

自宅収納の延長として利用する方がほとんどですが、トランクルームの活用方法はさまざまです。たとえば、部活やサークルなど共同で使用しているものを保管したり、緊急事のために非常用品を収納したりするなど使い方は多岐にわたります。さまざまな使い方ができるからこそ、ワンルームの片付けにも役立つでしょう。

4-3.トランクルームの種類と費用

トランクルームを利用する前に知っておきたいのが、種類と費用です。トランクルームの主な種類は、屋内型と屋外型の2種類があります。屋外型はコンテナなどがほとんどで、外で使用するものの収納場所として最適です。雨水が入ったり湿気の影響を受けたりしてしまうので、繊細なものの収納には向いていません。衣類・ブランドもの・書類などを収納したいときは、屋内型のトランクルームがおすすめです。

また、トランクルームの費用は月額料金となっています。トランクルームの広さや立地条件などによって月額料金は変わりますが、目安は4,000~6,000円でしょう。

4-4.トランクルーム業者選びのポイント

トランクルームの需要が高まっている今、さまざまな業者がトランクルームを運営しています。業者によってサービス内容や費用などが異なるため、複数の業者を比較してみてください。どのトランクルーム業者を選ぶべきか悩んだ際には、以下の項目に注目するといいでしょう。

  • トランクルームの種類が豊富か
  • サービス内容が充実しているか
  • スタッフの対応が丁寧でスピーディーか
  • 駅の近くにトランクルームがあるか(駐車場の有無も確認)
  • 見積書の内容が具体的に記載されているか
  • 口コミや評判がいいか
  • 空調設備や防犯設備が整っているか

東京都と神奈川県を中心にトランクルームを運営しているアルファトランクでは、無料相談を受け付けています。トランクルームの利用を検討している方は、ぜひ一度お問い合わせください。

トランクルームにはいろいろな種類があるんですね。
はい。どこでも一緒ではありませんので、しっかりと確かめましょう。

5.ワンルームの片付けに関してよくある質問

ワンルームの片付けに関する質問を5つピックアップしてみました。

Q.収納アイテムは増やさないほうがいいのか?
A.なるべく、収納アイテムは増やさないでください。収納ボックスやケースなどを用意すればするほど、もので溢れてしまうからです。収納スペースを増やそうとボックスなどを購入してしまいがちですが、うまく活用できずに居住スペースを圧迫するだけになってしまいます。むやみに購入するのではなく、ものを減らすところから片付けを始めましょう。

Q.片付けのモチベーションを上げるコツは?
A.小さな達成感を味わうことです。たとえば、「今日は机の上を片付ける」という目標を立てて行動してみましょう。小さな目標を達成することでやり遂げた気持ちになり、どんどん片付けに対するモチベーションがアップします。居住スペース全体から片付けを始めるのではなく、小さいところから整理したほうが小さな達成感を味わうことができ、片付けが楽しくなるでしょう。

Q.リバウンドを防ぐポイントは?
A.使ったら元の場所に片付けることです。また、ワンルームはものでいっぱいになると、どこに何があるのか把握しにくくなってしまいます。自分が何をどのくらい持っているのか把握することが大切ですので、なるべくものを増やさないように心がけましょう。

Q.トランクルームのサイズはどれを選べばいいのか?
A.トランクルームのサイズを選ぶ際は、空間をイメージしてみてください。保管したい荷物量を把握した上で、どのくらいの空間であればすべて収納できるのかイメージしましょう。トランクルームは広さだけでなく、高さも利用できるので高さと広さを意識することが大切です。

Q.トランクルームを利用するまでの流れは?
A.参考として、アルファトランクでの大まかな流れを下記にまとめました。

  1. 電話またはホームページのフォームから問い合わせる
  2. 申込書・契約にあたっての確認事項が書かれた書面をメールまたはFAXで受け取る
  3. 申込書と本人確認書類をメールまたはFAXで返送する
  4. 契約担当者とのやり取りで最終確認→精算書をメールまたはFAXで受け取る
  5. 入金確認後、トランクルームのカギ・契約書・口座引落依頼書を受け取る
  6. 返信用封筒に契約書1部・口座引落依頼書・本人確認書類を入れて返送する

まとめ

ワンルームを片付けるコツは、できるだけものを減らすことです。収納スペースが限られているからこそ、使っていないものや今必要ないものは処分して必要最低限のものだけ残してください。どうしても処分したくない場合は、トランクルームを活用するのも選択肢の1つです。東京都と神奈川県を中心にトランクルームを運営しているアルファトランクでは無料相談を受け付けています。トランクルームの利用を検討している方は、ぜひ一度お問い合わせください。

トランクルームで収納不足の悩みを解決!