冬服を上手に収納するコツ。ズバッと教えます!

冬服まだまだ寒い日が続いていますが、あと1カ月ほどすれば春がやってきます。
春がやって来れば、冬服をしまわないといけません。
しかし、夏服に比べて冬服は手入れや収納が面倒です。
そこで今回は冬服の上手なお手入れ方法や収納方法をご紹介しましょう。
冬不服のお手入れや収納が面倒なのは、夏服と違って素材の種類が豊富だからです。
また、もう着ないものは思い切って処分することも大切でしょう。
冬服の仕舞い方について悩んでいるという方や、冬服の上手なお手入れ方法を知りたいという方は、ぜひ読んでみてくださいね。

目次

  1. 冬服のお手入れはなぜ面倒?
  2. クリーニングに出したほうが良い冬ものとは?
  3. 冬服の収納術とは?
  4. トランクルームに預けるのも収納のコツ

1 冬服のお手入れはなぜ面倒?

この項では、素材別の冬服の手入れの仕方をご紹介します。
冬服はざぶざぶと洗ってはならないものがたくさんあるのです。

ウールのセーター

ウールのセーターは不用意に洗濯すると縮みます。
おしゃれ着洗い用の洗剤を使い、ネットに入れて、ぬるま湯で洗濯をしましょう。
洗濯機のコースにおしゃれ着洗い用があるのなら、それを選択してください。
アンゴラやカシミアでも同じようにして洗えます。また、アクリルが多く混じったものならば、それほど神経質にならなくても大丈夫でしょう。
洗ったものはハンガーに干すより、平たい台の上に広げて干すと型崩れしません。

ダウン

冬のコートとして人気のダウンは、家庭でも洗えます。
中のダウンが偏らないように、ネットに入れるか、ビニルひもなどで円筒状に巻いておしゃれ着用洗剤で洗いましょう。
また、ダウンは濡れると独特の匂いがします。陰干しにして完全に乾いてからしまいましょう。

フリース

フリース素材は、綿製品と同じように洗えます。こちらも完全に乾いてからしまいましょう。

2 クリーニングに出したほうが良い冬ものとは?

  • ウールのコート
  • 汚れがついたウールやダウン製品
  • レザーのコート
  • ブランド物のコート

これらはクリーニングに出したほうが良いでしょう。
レザーのコートやブランド物のコートも家庭で絶対に洗えないということはありませんが、クリーニングに出した方が確実にきれいに仕上がります。
また、汚れの度合いによっては割増料金が必要になることもありますので、注意しましょう。

3 冬服の収納術とは?

では、冬服はどのように収納すればよいのでしょうか。
この項ではそれをご紹介していきます。

プラスチックの衣装ケースに防虫剤ともに入れる

ウールやアンゴラ、カシミアなどは動物の体毛が材料です。
ですから保存状態が悪いと、ムシに喰われてしまうかもしれません。
プラスチックの衣装ケースに防虫剤とともに入れてしまいましょう。
あまりパンパンにいれすぎると中で洋服がしわになってしまうので気を付けてください。

ダウンは衣類圧縮袋へ

ダウンは冬服の中で最も嵩張るものです。長いコートなどは保護シートをかけて、クローゼットの中につるしておくとよいでしょう。
また枚数が多くて保管場所がないときの収納術として、衣類圧縮袋に入れる方法があります。
羽毛布団と同じように袋に入れて掃除機で空気を吸い出せば嵩が半分以下になるでしょう。
何枚かのダウンを大きな袋に入れて圧縮するという方法もあります。
また寒くなったら、秋のぬくもりが残っているうちに袋から取り出して天日に干せばふっくらとします。

コート類はほこりよけをかける

クローゼットの中も案外ほこりがたまります。
コートを保管するときは必ずほこりよけをかぶせましょう。
また、ウールのコートには、ムシがつく場合があるので、ポケットに防虫剤を入れておきます。
クローゼットにつるすタイプでもよいでしょう。
クローゼットがないという場合は、大きめの衣装ケースにしわにならないように畳んで、防虫剤とともにしまってください。

寿命がきた服は始末しよう

  • 穴が開いたり、弾力が無くなった服
  • 袖や裾がすり切れた服
  • ワンシーズン来たが、もう2度と着ないだろうと思う服
  • サイズが合わなくなった服

これらはとっておいても来シーズンに着ることはありません。
自治体のルールに沿って始末しましょう。
なお、ワンシーズンだけ着た服というのは、奇抜なものでない限りリサイクルショップで売却することができます。
お正月の風物詩の福袋も、「買ったけれど趣味に合わないものが入っていた」という場合は、できるだけ早く売却しましょう。
シーズンが過ぎると売れなくなります。
また、子供服の場合は、ネットオークションに出せば高確率で落札者が見つかります。
この場合は、洗濯をして送ってあげましょう。フリーマーケットなどに出店しても買い手が付きやすいです。

4 トランクルームに預けるのも収納のコツ

家族が多かったり、服をたくさん持っているという場合は、収納場所が足りなくなる場合があります。
特に冬服はかさばりやすいので、収納スペースがすぐにいっぱいになってしまうかもしれません。
また、長期に家を留守にしたり、引っ越しなどで一時的に荷物をどこかに預けたいという人もいるでしょう。
そのような場合はトランクルームを利用してみましょう。
トランクルームは、一般の人が有料でものを預ける場所です。
これとよく似たサービスを行っているのが、レンタル収納スペースです。
しかし、トランクルームが預かった荷物を盗難されたり破損させたりしたら、補償金が出るのに対し、レンタル収納スペースは、預かり主に補償義務はありません。
ですから、トランクルームのほうが防犯や温度管理がきちんとされているのです。
高価な冬服はトランクルームへ、安価な冬服はレンタルスペースへ預けるという風に分けても良いでしょう。
ウールやダウンは温度変化には強いですが、あまり湿気が強い場所に保管しておくとカビが生えるかもしれません。
ですから、レンタル収納スペースを借りる場合は湿度もチェックしておくとよいでしょう。
トランクルームというと、何やら広々とした部屋というイメージがありますが、実際はいろいろな広さを選べます。
服だけ預けるのなら、それほどのスペースはいらないでしょう。
冬服なんて盗難にあうの?と思う方もいるかもしれません。
しかし、ブランド品や毛皮などはリサイクルショップである程度の値段がつきます。
ですから、服目当てで窃盗に入ることはないかもしれませんが、「ついでにこれも」と持って行かれてしまう場合があるのです。
そのため、」ブランド物のコートが何着もあるという場合は、トランクルームに預けたほうが良いでしょう。

おわりに

いかがでしたでしょうか。今回は冬服のお手入れ方法と収納術をご紹介しました。
まとめると

  • 冬服は必ず手入れをしてから収納する
  • ダウン・ウールは家で洗える
  • ウールをしまう際は必ず防虫剤を入れる
  • 置き場所に困ったらトランクルームを利用しよう

ということです。
冬服をしまう作業はとても面倒くさいです。ついつい「あまり汚れてないから洗濯しなくても大丈夫」と思いたくなるでしょう。
しかし、皮脂汚れなどは後から浮いてくるものも多く、洗濯を忘れてしまうと来シーズンにとりだしたらシミになっていた、ということもあるのです。現在の洗濯機はとても高性能ですから、コートや汚れのひどいものを除けば家であられるでしょう。
春になりお天気の良い日が続いたときに、思い切って一気にやってしまいましょう。家族総出でやれば、早く片付きますよ。

トランクルームで収納不足の悩みを解決!