【お悩み解決】長期出張の荷物保管はお任せ! 便利でおすすめの方法!

長期出張は、何かと荷物が多くなりがちです。特に半年から1年単位の滞在となると、荷物の保管場所で頭を悩ますことも多いでしょう。自宅と比べて出張先では、収納スペースが限られていることが多いからです。しかし、荷物を減らし過ぎてしまうと生活に不便が出てきてしまいます。そこで、今回は、長期出張先での荷物保管について詳しく解説しましょう。滞在先で快適な生活を送るためにも、記事を読んでぜひ役立ててください。

  1. 長期出張の荷物保管について
  2. 長期出張の荷物保管の方法
  3. トランクルームの利用がおすすめ
  4. 長期出張の荷物保管にかんするよくある質問

この記事を読むことで、長期出張の荷物保管にかんする知識が身に付き、最良の方法を選ぶことができます。便利でお得な方法がわかるので、満足できる結果になることでしょう。まずは、ひとつずつ内容を理解しながら読み進めてみてください。

1.長期出張の荷物保管について

最初に、長期出張の荷物保管についての基本を解説します。また、実際にどんな困りごとがあるか、改めて確認しておきましょう。

1-1.長期出張とは?

長期出張とは、現時点の部署に在籍したまま、ほかの支店や営業所・取引先との交渉などのために出向くことです。期間は、半年以上から1年単位で、国内だけでなく海外に行くことも多くなります。出張中の生活費にかんしては、後日会社で清算することで出張手当の名目で支給となる場合が多いでしょう。

1-2.長期出張の困りごと

長期出張には、独特の困りごとがあります。具体的にどんなものがあるかは、以下を参考にしてください。住み慣れた地域を離れての生活は、大きなストレスになることもあります。

  • 生活に必要な荷物の量が把握できない
  • 郵便物や宅配便などの受け取りができない
  • 留守宅の防犯
  • 毎日の食事(自炊か外食かなど)
  • 休日でも仕事から離れた気分になれない
  • 家族と会えない
  • ペットの世話が心配

1-3.長期出張の荷物にはどんなものがある?

長期出張の荷物には、どんなものがあるのか確認しておきましょう。

1-3-1.出張先に持っていくもの

出張先に持っていくものを確認するため、生活必需品をリストアップしましょう。

  • 仕事服(スーツ・シャツ・ネクタイなど)
  • 靴(ビジネス用・普段用)
  • 下着類
  • 普段着(各季節1週間分程度)
  • ノートパソコン(ACアダプター・バッテリーなども)
  • スマートフォン(充電器・ケーブル類なども)
  • 携帯用音楽プレーヤー
  • 化粧品(主に女性の場合)
  • 健康保険証など(急病時のために)
  • そのほか毎日使っているもの

1-3-2.家に残していくもの

以下のものは、できるだけ家に残しておきましょう。必要だと思って持っていっても結局使わなかった・無駄だったという人も多いものです。

  • マンガ・書籍類
  • 趣味に関連するもの(コレクションなど)
  • 音楽コンポ
  • 調理用具・食器類

1-3-3.荷物を減らすコツ

たとえば、洗剤・シャンプーなどの消耗品は現地調達することをおすすめします。出張中に使いきれる量を考え、計画的に購入しましょう。また、下着類なども出張期間だけ繰り返し洗濯をすることで使い回すことも可能です。帰宅するときに捨てることもできるため、荷物を随分減らすことができます。特に、国内出張では、コンビニなども近隣に多く、生活に必要なものの調達に困らないので割りきりが必要です。また、滞在先がビジネスホテルなどの場合は、歯ブラシやひげそりなど最低限のアメニティーをもらえるので、より荷物を減らすことができます。

2.長期出張の荷物保管の方法

長期出張の荷物保管の方法について、具体的に解説します。どんな方法があるか・料金はいくら必要かなど、しっかり学びましょう。

2-1.長期出張の荷物保管の方法

長期出張中の荷物保管にも、いろいろなものがあります。具体的にどんなものがあるか、メリット・デメリットを併せてご覧ください。

2-1-1.出張先の部屋に置いておく

荷物のせいで部屋が狭くなっても構わない人は、そのまま部屋の中に置いておくことになります。収納スペースが極端に少ない中で快適に過ごすためには、収納術の工夫が必要です。ベッド下などのデッドスペースを上手(じょうず)に利用しましょう。ただし、出張期間が長くなると滞在中に新たな荷物が増えるものです。そのまま部屋に残す場合は、部屋をスッキリ保つためにも荷物をこまめに整頓(せいとん)しましょう。

  • メリット:荷物が手に届く範囲にあるので便利
  • デメリット:収納スペースが少ないため荷物が散らかりやすい

2-1-2.実家など別の場所に移す

長期出張先から実家や知人の家が近い場合は、荷物を預かってもらうことも考えましょう。事前に事情を説明して、保管スペースを確保してもらってください。荷物を移した後は、必要なときに現地まで出向いて出し入れをすることになります。家族や知人など、信頼できる相手だからこそ選ぶことができる手段と言えるでしょう。

  • メリット:預け先として信頼できる・気軽に預けることができる
  • デメリット:知人に預けた場合は思い立ったときに出し入れしづらい

2-1-3.業者に預かってもらう

長期出張の荷物は、業者に預かってもらうことも可能です。主に、トランクルームを借りるなどの方法があります。荷物の量や出し入れの頻(ひん)度などを考えて業者を選ぶことがポイントです。また、業者によっても荷物の出し入れが可能な時間帯や、セキュリティー対策が異なるのでいろいろと比較してみるといいでしょう。

  • メリット:専用の保管スペースを確保できる
  • デメリット:管理費が必要・出張先の近くで営業していないこともある

2-2.長期出張の荷物保管に必要な料金

長期出張の荷物保管で、そのまま部屋に残す場合は費用がかかりません。また、実家や知人など無料で保管をしてくれることもあります。保管費用がかかるのは、業者を利用した場合です。たとえば、保管先にトランクルームを利用した場合、月額7,000円程度(首都圏・約0.3畳)からが目安となります。保管費用は広さ・立地・保管条件などで大きく変化するので注意しましょう。

2-3.長期出張の荷物保管の注意点

いずれの保管場所を選んでも、自分で保管先に移動する必要があります。自分で直接運ぶことができる場合は、移送費が無料です。また、荷物の量によっては、宅配便より引っ越し会社のパックプランを利用した方が安いこともあるでしょう。荷物の物量を計算し、最もお得な方法を考えてみましょう。なお、長期間にわたって保管する場合、湿気やほこり・防虫対策なども必要です。また、必要なときにいつでも取り出すことができるように、整頓の仕方にも工夫しましょう。

3.トランクルームの利用がおすすめ

長期出張なら、荷物の保管先としてトランクルームの利用もおすすめです。メリットや特徴だけでなく、業者選びのコツや注意点まで詳しく解説します。

3-1.長期出張ならトランクルームの利用が便利

長期出張なら、トランクルームの利用が便利です。数日間程度の出張なら、荷物の多さも想定内となります。しかし、半年から1年単位の長期出張では、できるだけ荷物を減らしても普段の生活と同等量になることもあるでしょう。人によっても、生活に必要な物量は異なるものです。もしも、出張先に十分な収納スペースが確保できない場合は、トランクルームを活用しましょう。最低限必要な荷物だけを残してトランクルームに移動すれば部屋も広々と使え、スッキリと暮らすことができますよ。

3-2.トランクルームの利用はこんな人におすすめ

トランクルームの利用は、以下のような人にメリットが大きくておすすめです。トランクルームの特徴を理解し、活用してください。

  • 半年から1年単位の滞在が確定している
  • 荷物の量が多い
  • 部屋に十分な収納場所が無い
  • 部屋をスッキリ保ちたい
  • 管理費用の支払いに納得できる
  • 出張先の近くにトランクルームがある

3-3.トランクルーム業者選びのコツを伝授

トランクルーム業者を選ぶときは、以下のポイントを重視しましょう。

  • トランクルームの運営実績が多数ある
  • 出張先の近くでトランクルームを運営中
  • 利用料金がリーズナブル
  • 契約前に物件の現地視察ができる
  • 説明がわかりやすくて親切な対応をしている
  • 利用者はいつでもトランクルーム内に出入りができる
  • 空調管理・清掃が行き届いている
  • セキュリティー・個人情報管理がしっかりしている

利用者からの評判がいい

なお、当アルファトランクでも、東京都の主要区・神奈川県の一部にてトランクルームを多数管理しています。リーズナブルで好条件のものばかりですので、ぜひご検討ください。

3-4.トランクルームの探し方や荷物の預け方について

トランクルームは、以下の条件に合うところを探してください。

  • 出張先(滞在先)から無理なく通える範囲にある
  • 利用料がリーズナブル
  • 広さや条件が荷物の量や内容に合っている
  • 荷物の出し入れが自由にできる
  • セキュリティーがしっかりしている

荷物は、契約完了後に搬入可能です。なお、トランクルームに荷物を預けるときは、基本的に自分で荷物を運ぶ必要があります。大量の荷物があるときは、事前にトランクルームの管理業者に連絡してください。指定の運送業者に有料で依頼できる場合があります。

3-5.トランクルームを利用するときの注意点

トランクルームは、24時間出入りできるところばかりではありません。業者や物件によっては、出入りする時間に制限があるところもあります。契約時にきちんと確認しておきましょう。また、トランクルームを使用する場合、いくつかの禁止事項があります。臭(にお)いの強いもの・薬品類などの保管禁止物、飲食禁止などです。事前に内容を確認し、ルールを守って利用しましょう。

4.長期出張の荷物保管にかんするよくある質問

最後に、長期出張の荷物保管にかんするよくある質問にお答えしましょう。ほかの人が疑問に思うことは、とても参考になりますよ。

4-1.限られたスペースで多くの荷物を収納するコツは?

空間を上手(じょうず)に使いましょう。床面積が限られている場所ほど、空間の使い方で収納量に差が出るものです。ラックやつっぱり棒などを使用してみましょう。つっぱり棒を2本使い、板を乗せることで簡易棚を作ることもできます。重いものは無理でも、洋服数枚程度は乗せることが可能です。また、組み立て式のラックは繰り返し使うことができるので次回の長期出張時にも重宝しますよ。

4-2.トランクルーム内にはラックや棚などがあるのでしょうか?

トランクルーム内には、ラックや棚は併設していないところが多くなります。まずは、契約条件を確認してください。併設していない場合は、自分で自由に持ち込んで利用できます。重ねて収納したくないものや、保管状態をよく保ちたいものなどはラックや棚を利用した方が無難です。

4-3.長期出張の終了日が不明な場合でも契約できますか?

トランクルームの契約は、基本的には1か月単位となるところが多いものです。しかし、終了日が不明でも途中解約は可能なので安心してください。ただし、月中で荷物を引き上げても、月末までの利用料金が必要になる場合もあります。まずは、業者に確認してください。

4-4.トランクルームの契約にはどんなものが必要ですか?

トランクルームの契約時には、主に以下のものが必要です。

  • 本人確認書類(個人契約の場合は運転免許証・パスポート・健康保険証など)
  • 金融機関取引印
  • 金融機関・支店・口座番号がわかるもの(通帳もしくはキャッシュカード)
  • 印鑑(認め印)
  • 事務手数料・初月契約料などの初回契約費用

このほかにも、業者によって書類などの提出を求められる場合もあります。契約をスムーズに進めるためにも、調べておきましょう。また、初回契約費用にかんしてはキャンペーンで安くなることもあります。

4-5.トランクルームに保管中の荷物が破損した場合は補償を受けられますか?

トランクルーム内に保管中の荷物が破損した場合、業者側(がわ)に原因があることが確認できれば補償を受けることができます。ただし、補償内容は業者ごとに異なるため、契約時に確認しておきましょう。なお、業者指定の損害保険に加入できることもあります。保険加入は義務ではないため、必要に応じて契約してください。

まとめ

今回は、長期出張の荷物保管について詳しく解説しました。出張中、快適に過ごすためにも荷物はきちんと整頓し、保管することが大切です。滞在先に十分な収納場所が確保できないときは、トランクルームの活用も考えてみてください。近くにトランクルームがあれば、何かと便利です。最も大切なことは、自分がいかに快適な生活を送るかという点にあります。長期出張の荷物に埋もれた生活で、心身ともに疲れてしまわないようにしましょう。そのためにも、荷物保管の方法をきちんと考えてみてください。

トランクルームで収納不足の悩みを解決!