「物を捨てられない」から卒業するために!

「部屋が散らかってるのはわかっているけど、なかなか物が捨てられない…」このように悩んでいる人は多いでしょう。
それが思い出の品だったりするとなおさら捨てることができないものです。
しかし、生活しているとどんどん新しい物がたくさん増えてきます。
ずっとそのままにしてしまうと部屋もいっぱいになってしまい、キレイに整理整頓をすることができなくなってしまうでしょう。
そこで今回は、物を捨てられるようになる方法・考え方について説明していきたいと思います。
「物を捨てられない」と悩んでいる人はぜひチェックしてください。

「捨てる」決心を固めること

なかなか物を捨てることができない人の多くは、「物を捨てる決意」が薄い傾向が見られます。
まずは、捨てるという意識を高めていかなければいけません。
例えば、“いつか使うかもしれない”からとっておく場合、いつかはいつになるのか分かりませんし、ずっと使わずにそのままになってしまうことが多いのです。
そういうときは「前使ったときはいつだったのか」考えてみてください。
1年以上使っていないものはこの先も使う可能性は低いです。思い切って捨てちゃいましょう。
また、どうしても捨てることができないのが、「思い出の品」です。思い出の品を片付けるとき、捨ててしまった方が自分の気持ちがスッキリする場合は捨ててください。
後悔をすることのないように捨てていきましょう。
そのとき無理に決断せずに、『ひとまずボックス』に入れておき、後で考えることもひとつの方法です。

自分でルールを決めて捨てていこう

物を捨てるとき自分でルールを決めていくと良いでしょう。
例えば、洋服を捨てるのであれば「傷や汚れが目立つもの」「破れているもの」「古いデザインになっているもの」「型崩れしているもの」は捨てるなど、ルールを決めておくと捨てやすいと思います。
部屋をキレイにするためにはある程度、物を捨てていかなければなりません。
気持ちを整理したいから、新しいスタートをきりたいからとの理由で物を捨てる人も多く、今まで使ってきた物を捨てることで気持ちをスッキリさせることもできます。
無理のないルールをつくり、自分で上手に要らないものを捨てていってください。

どうしても捨てられない場合は「トランクルーム」を利用しよう

「何度も捨てようと努力したけれど捨てることができない!」 という人は「トランクルーム」の利用をオススメします。
トランクルームは物を収納することができるスペースを貸してくれる業者がレンタルとして提供している空間です。
最近では屋外に置かれているトランクルームをよく見かけますが、屋内にもいろいろなサイズのトランクルームがあります。
屋内だと空調がしっかりしているので価値が高いものも安心して預けることができるでしょう。
貴重な品を預ける場合には24時間警備システムが整っているところを選んでください。
気になる利用料金ですが、トランクルームの大きさによって異なります。
毎月4,000円~と安い値段で利用することができるトランクルームもあるのでオススメです。

まとめ

物を捨てることができない人の考え方は「捨てる」という決心ができていない傾向がみられます。
まずは「捨てる」決心を固めていきましょう。
どうしても捨てられない場合は、一度保留にしておき後でもう一度考えるのも一つの手です。
また、物を収納することができるトランクルームを利用する方法もあります。
部屋をスッキリさせて、快適な暮らしを楽しみましょう。

トランクルームで収納不足の悩みを解決!