突っ張り棒が大活躍!? トイレの収納アイデアとは?

予備のトイレットペーパーやタオル、掃除用具とトイレは意外に置きたいものがたくさんあります。
これらをすっきりと収納するにはどうしたらよいでしょうか?
そこで今回はトイレ用品をすっきり収納するアイデアをご紹介しましょう。
興味かある方はぜひ読んでみてください。

棚や収納ボックスがついている場合は?

トイレに棚や収納ボックスがついている場合は、そこにトイレに置くものを整頓して置いておきましょう。
しかし、何でもかんでも乱雑においてしまえば見栄えも悪く、必要なものをすぐに取りだすこともできません。
トイレの棚は狭いですから置くべきものは最小限にし、タオルや小物類は同じ入れ物に入れておくと見た目もすっきりします。
予備のペーパーやタオル類などを見られたくない、という場合は突っ張り棒にカフェカーテンを通したものを目隠しとして棚の前につけましょう。

収納する場所がない場合は?

トイレに収納する場所がない場合は、突っ張り棒をつかって棚を作りましょう。
トイレは小さい空間なので、突っ張り棒を2本~3本並べて取り付ければ即席の棚が完成します。
最近は重いものを乗せたり吊るしたりできる頑丈な突っ張り棒も販売されていますので、収納したいものによって使い分けるとよいでしょう。
また、壁にかごやS字フックを取り付けて収納場所にすることもできますが、
賃貸の場合は壁に穴をあけることができないため、分譲住宅でのみ行うことができます。
S字フックやかごを使う場合は必然的に見せる収納になるため、整理整頓が得意の方向けの収納法ですよ。

収納ボックスを置く場合はトイレの広さを考える

トイレの床に置くタイプの収納ボックスもたくさんの種類がありますが、置いた分だけトイレが狭くなることを念頭に置いて選びましょう。
狭いトイレに無理をしておくよりも、突っ張り棒を使って簡易収納棚を作ったほうが良い場合もあります。
また、トイレに色々なものを飾ってコレクションルームのようにする方もいますが、トイレは汚れやすい場所です。
こまごまとしたものを飾ればそれだけ掃除が大変になるでしょう。
トイレにどうしてもお気に入りのものを飾りたい、という場合は厳選したものを数個飾るだけにすれば清潔さを保てます。

おわりに

いかがでしたでしょうか今回はトイレの収納のアイデアをご紹介しました。

  1. 棚がある場合は置いておくものを同じ容器に入れるとすっきり見える。
  2. 目隠しはカフェカーテンで。
  3. 収納場所がなければ突っ張り棒で作ろう。
  4. 壁に何かを取り付ける収納は分譲住宅でのみ行う。
  5. 床に置くタイプの収納ボックスはトイレの広さを考えておく。
  6. トイレにこまごまとしたものを置きすぎない。

この6項目を参考にすれば、すっきりとトイレ用品を収納できることでしょう。

トランクルームで収納不足の悩みを解決!