クローゼットがない人は必見! 部屋の収納方法をご紹介します!

クローゼットがない部屋に住んでいる人は必見です。
クローゼットが少ないと収納したくても収納できません。
しかし、家にクローゼットがない人でも、収納がない部屋の収納術さえつかんでおけば、スムーズに収納できるでしょう。
では、どうすればクローゼットがない部屋で収納すればよいのか、方法について説明します。
収納で困っている人は必ずチェックしてください。

目次

  1. クローゼットがない部屋の収納アイデア
  2. トランクルームに預ける方法
  3. 利用時の注意点
  4. まとめ

1.クローゼットがない部屋の収納アイデア

クローゼットがない部屋で暮らしている人はほとんどが一人暮らしでしょう。
家賃をできるだけ抑えるためにクローゼットのような収納スペースがない部屋に住んでいる人も多いです。
クローゼットがない部屋だからこそできる収納アイデアを紹介します。

1-1.壁面をできるだけ利用する

狭い部屋には物を置くスペースすらないでしょう。
そこで、オススメしたいのが「壁面の最大限活用」です。
壁面を上手に利用するかしないかで大きく変わります。
クローゼットがない部屋の収納アイデアにおいて大きなポイントになってくるのでぜひチェックしてください。
壁面を利用するとはどういうことなのか、パッとしない人もいるでしょう。
例えば、壁にフックを取り付けるだけでバッグや洋服、靴などさまざまな物が収納できます。
簡易的な椅子を壁に取り付けて、足の部分にハンガーをかけ、クローゼット代わりにしている人も多いです。
玄関には上手にレイアウトして、お洒落な空間にするのもよいでしょう。
“見せる収納”で壁面を利用してみてはいかがでしょうか。

1-2.ワイヤー・ハンガー・フレームを利用した収納

クローゼットがない部屋は、大きなテーブルや化粧台も設置できないでしょう。
そこで、オススメしたいのが「ワイヤー・ハンガー・フレームを利用した収納術」です。
ワイヤー・ハンガー・フレーム等は100円均一でも簡単に手に入れられるでしょう。
例えば、ワイヤーハンガーを利用して、ジュエリーを下げれば、立派なジュエリーボックスになります。ごちゃごちゃしやすく、からまりやすいネックレスやピアスだからこそ、垂れるようにワイヤーハンガーに吊るしておけば、スムーズに収納できるでしょう。
また、フレームに収めるのもひとつの方法です。
この方法も壁面を利用しますが、フレームごとにアクセサリーや小物類を収納すれば、おしゃれなインテリアにもなるでしょう。

1-3.空間を利用した収納術

ベッドやソファー、イス、テーブルの下など、ちょっとした空間を利用するのも、収納がない部屋の収納術となっています。
例えば、下の空間が開いているイスやベンチに自分で収納できる板を取り付けたら、立派な本棚になるでしょう。CDやDVDも簡単に収納できます。
ベッドの下に空間があれば、キャスター付きの収納ボックスを利用し、洋服を収納するとよいかもしれませんね。
ちょっとした工夫が大きな収納につながり、空いている無駄なスペースを収納スペースに変身させられるでしょう。
自分の部屋を一度見渡して、無駄なスペースがないかどうか確認してください。
もし、スペースがあるなら、そこに何が収納できるのか、考えるとよいでしょう。

2.トランクルームに預ける方法

2-1.どうしても収納できない場合は?

さまざまな工夫をしたけれど、物がごちゃごちゃになり、どうしても収納できない場合、トランクルームを利用するのもひとつの方法です。
トランクルームと聞くと、外に置かれている大きいトランクを想像しますが、最近ではコンパクトなロッカーサイズのトランクルームも存在しています。
屋外にもありますが、屋内、オフィスビルの一室がトランクルームになっているところもあるのです。さまざまなトランクルームを比較し、どこが1番自分にとって使いやすい、ベストな大きさかどうか探してみてはいかがでしょうか。
トランクルームを利用するのも、収納がない部屋の収納術のひとつです。
ほとんどのトランクルームが月額制でお金はかかってしまいますが、収納できるスペースが確保できる方法ではないでしょうか。
トランクルームの利用も選択肢のひとつに入れておきましょう。

2-2.どんなものを預ければいいの?

トランクルームを利用する際、どんなものを預ければいいのか悩んでしまいます。
トランクルームにはほとんど預けられますが、預けられないものもあるので注意してください。
例えば、高価な骨董品や絵画、貴重品や金銭類など、価値のあるものはすべて当てはまります。
トランクルームを運営している会社によっても違うので、利用する前にホームページを確認し、何が預けられるのか、預けられない物は何なのかチェックしましょう。
大きいトランクルームであれば、大型バイクや自転車、キャンプ用品、スポーツ用品などさまざまな物が預けられます。
自分が預けたい物によって、トランクルームの種類や大きさも選ぶとよいでしょう。

3.利用時の注意点

3-1.温度管理がされているかどうか

トランクルームに物を預けても、大切な洋服やドレスに穴が開いたり、カビやサビがついてしまえば意味がありません。
「預けなければよかった…」と後悔するはめになるでしょう。そのようにならないためにも、空調・温度管理がきちんとされているかどうか確認してください。
とくに、屋内のトランクルームは要注意です。
すべてのトランクルームが空調・温度管理されているとは限りません。
預ける物はすべてキレイな状態のまま維持したいのなら、しっかり管理されているトランクルームを選びましょう。
ただし、屋外のトランクルームはほとんどが温度管理されていないので注意してくださいね。

3-2.防犯性はとくに要チェック!

もし、トランクルームに預けた際、泥棒が入ってしまい、預けていた物すべてを失ってしまったらどうしましょう。
二度と盗まれた品々は戻ってきません。
トランクルームによっては、盗難にあった際の保険に加入しているところもあります。
いくらまで保障されるのか決められていますが、いざという時のために安心できる大切な保険になるでしょう。
防犯性はとくに気をつけなければなりません。防犯性が高くなければすぐに泥棒が入ってしまうため、トランクルームを選ぶ際は、セキュリティ面がどのようになっているのか確認が必要です。
できるだけ、24時間体制で警備保障が対応できるトランクルームを利用しましょう。
安心して物を預けるためにも、セキュリティがしっかりしているトランクルームを選んでくださいね。

4.まとめ

クローゼットがない部屋の収納術について説明しましたが、いかがでしたでしょうか。
クローゼットがないと諦めていた人でも、工夫次第で収納スペースが確保できます。
さまざまなアイデアを利用したとしても、なかなか収納できない場合は「トランクルーム」を利用するのもひとつの方法です。
お金は毎月かかりますが、比較的安いトランクルームもあるのでチェックしてみてはいかがでしょうか。

  • 壁面をできるだけ利用する
  • ワイヤー、ハンガー、フレームを利用する
  • 空間を利用する
  • どうしても収納できない場合は“トランクルーム”を利用する
  • 預けられない物もある
  • 温度管理がされているところを選ぶ
  • 防犯性が高いかどうかチェックする

トランクルームを利用する際は、場所や大きさはもちろんのこと、毎月利用できる料金かどうかチェックすることも大切です。
利用する前に、利用料金は必ず確認しましょう。

トランクルームで収納不足の悩みを解決!