【お悩み解決】コミックの収納はこうする!本の収納アイデアを伝授!

コミックは、好きな作家や作品の連載が続く限りずっと読みたくなるものです。雑誌好きな人は、毎週コミックを買い続けていることも多いでしょう。しかし、そのまま増え続けると収納に困るのも事実です。そこで、今回はコミックの収納についてさまざまなアイデアをご紹介します。

  1. コミックの収納について
  2. コミックの収納のコツを学ぼう
  3. コミックの収納場所を作る方法を学ぼう
  4. ​コミックの収納にかんするよくある質問

コミックの収納に悩んでいる人は、記事を読んでみてください。部屋がすっきりと片付くだけでなく、大切なコミックを保管するために最適な方法がわかりますよ。

1.コミックの収納について

まずは、コミックの収納についてどんな点を悩んでいるのかはっきりしておきましょう。具体的な悩みがわかると、対策も取りやすくなります。

1-1.コミックの収納にかんする悩みとは

コミックの収納にかんする悩みも、人それぞれです。具体的にどんな悩みがあるのか、見ていきましょう。

1-1-1.量が増え過ぎて困る

コミックや本が大好きな人は、どんどん購入をする傾向があります。しかし、部屋の収納スペースには限界があるため、収納できないものは散乱しているケースも多いのではないでしょうか。しかし、コミックや本が増え過ぎたことの自覚があっても、捨てることができないのも特徴です。増え過ぎたコミックを捨てることができないまま、途方に暮れている人も多いでしょう。

1-1-2.収納場所をどこにするか悩む

特に、ひとり暮らしなどで狭い部屋に住んでいる人に多いのが、コミックや本を収納しようにも、収納場所が足りないという悩みです。収納スペースに限界がある人は、コミックや本を購入する量を制限する必要があります。コミックや本の購入を止めることができない場合は、収納場所を新たに考えることが必要不可欠と言えるでしょう。

1-1-3.カビやしみが発生して困る

大切なコミックや本に、カビやしみが発生して困っている人もいます。特に、日本の気候は高温多湿なため、カビやしみが発生しやすいことを頭に入れておきましょう。なお、カビやしみの発生で悩む人は、収納方法に大きな間違いをしている場合が多いです。収納方法のコツを学ぶことで、カビやしみの発生に悩むことも無くなります。

1-2.コミックの収納で悩む理由をもっと詳しく

コミックの収納で悩む人の多くは、気になるコミックがを欲しいだけ購入しているからに過ぎません。友人に借りたり漫画喫茶などに行くという選択肢があるにもかかわらず、コミックを自分で所有することを選んでいるのです。しかし、自宅の収納スペースには限界があります。限界より多くのコミックを買わないことで、収納の悩みを回避できることに気付きましょう。結局は、収納スペースの限界を超えてもコミックを買い続けることに悩みの原因があるのです。

2.コミックの収納のコツを学ぼう

それでは、コミックの収納のコツについて解説します。さまざまな収納方法があるため、自分がやりやすそうなものを探してみてください。

2-1.コミックの収納のコツに関する悩みには何がある?

コミックの収納のコツに関する悩みとしては、主に以下の内容を挙げることができます。

  • コミックの収納にどんな本棚を選ぶべきかわからない
  • コミックの収納にどんな収納グッズがあるかわからない
  • 収納したコミックにカビやしみが発生してしまう

前提として、コミックの収納で悩む人は基本的な収納グッズの選び方や収納方法を知らないことが多いです。まずは、悩みを解消するために収納の知識を学ぶことが大切でしょう。

2-2.コミックの収納にかんする悩み別のアドバイス

それでは、コミックの収納にかんする悩み別にアドバイスをします。自分が悩んでいる内容について、チェックしてみてください。

2-2-1.コミックの収納におすすめの本棚とは

コミックの収納には、以下のような本棚がおすすめです。

  • 大量のコミックの収納に対応していること
  • 湿気(しっけ)がこもりにくい素材でできていること
  • コミックを取り出しやすい構造になっていること
  • 棚の高さをコミックの大きさに合わせて調整できること

皆さんが持っているコミックには、さまざまな大きさがあります。コミックの大きさに合わせて、棚の高さを調整できる本棚が便利です。また、大量のコミックの収納を考えた設計になっていることも、忘れないでください。たとえば、大量にコミックを収納したときの重さに耐えることができるように丈夫な棚板を使っています。また、中には、スライド式の棚を採用して棚の奥と手前にそれぞれコミックを収納できるタイプもあり、良い本棚はたくさんのコミックの収納をしてもすっきりと見えて安定しているものです。

2-2-2.コミックの収納に便利な収納グッズやアイデア

コミックの収納には、本棚のほかにも収納ボックスや小型の専用ケースを使用することも考えましょう。本棚はたくさんのコミックを収納できることがメリットですが、部屋の中に本棚専用の置き場所を確保する必要があります。部屋が狭い人には、本棚での収納は向きません。しかし、収納ボックスや小型の専用ケースは、押し入れやクローゼットの中に入れることもできます。また、すき間を上手(じょうず)に活用することですっきりとした収納が可能です。中身の確認がしやすいように上部が半透明になったものもあるので、いろいろと探してみてください。コミックを読む機会が多い人は、すぐに取り出すことがしやすい収納になるのがベストです。そのためには、中身が見える収納ボックスなどを活用することを検討してください。

2-2-3.気になるカビやしみ対策の方法

カビやしみが発生する原因は、湿気です。つまり、湿気対策を行うことがカビやしみ対策になります。カビやしみを防ぐためには、保管場所の風通しに注意するほかにも、市販の湿気取り製品を使ったりすることも有効です。また、たくさんのコミックを詰め過ぎることも通気が悪くなってカビやしみが発生する原因になるので注意してください。

2-3.コミックの収納で注意すること

コミックを収納するときは、以下の点に注意しましょう。

  • コミックを詰め過ぎないこと
  • 一定の向きに揃(そろ)えること
  • どんなコミックかわかるように収納すること
  • 収納場所の湿気対策をしっかり行うこと

コミックは、紙でできています。そのため、湿気対策を十分に行ってください。詰め過ぎることは、コミックにとって風通しが悪くなったり擦(こす)れや折れの原因になったりして良くありません。いつまでもきれいに保管をするためには、気を遣いましょう。

3.コミックの収納場所を作る方法を学ぼう

部屋に収納場所が無くても、あきらめる必要はありません。コミックの収納場所は、作ることができるのです。ここでは、トランクルームの活用についてお話をしましょう。

3-1.コミックの収納はトランクルームを活用

大量のコミックの収納場所に悩む場合は、トランクルームを利用する方法もあります。トランクルームをコミックの収納場所として活用することで、収納場所に困ることはありません。また、収納場所が無いという理由で処分しなくてもよいのです。大量のコミックの収納で悩んでいる人は、トランクルームを契約することも考えてみましょう。

3-2.そもそもトランクルームとは?

トランクルームとは、建物の全部もしくは一部の部屋を細かく仕切った状態でレンタルしている業態を言います。最近は、住宅事情の影響で自宅に十分な収納スペースが無いことも多いため、どうしても捨てることができないものを保管する目的で利用する人が多いと考えてください。運営会社によって異なりますが、トランクルームには危険物や法律に違反するもの・悪臭や騒音を発するものなど以外は基本的に何でも保管ができます。自宅にスペースがないけど大切なものだから捨てたくない」という方は、こういったサービスを知っておくとよいでしょう。

3-3.トランクルームがおすすめの人

コミックや本の収納にトランクルームがおすすめの人は、以下のような人ですね。

  • コミックや本が大量にある人
  • コミックや本の収納場所が足りない人
  • コミックや本を処分することは嫌な人
  • コミックや本の保管にお金を掛けても良い人
  • コミックや本の保管を良い状態で行いたい人
  • 良いトランクルームが住居の近くにある人

トランクルームを借りるには、毎月の契約料が必要となります。大切なコミックや本の保管場所のためにお金を掛けても良いと考える人には、トランクルームの契約はメリットが大きいでしょう。

3-4.トランクルームを利用するメリット

では、トランクルームを利用するメリットについてお話をします。トランクルームを利用したときのメリットについては、主に以下をご覧ください。

  • コミックや本で埋まっていた部屋がすっきりと片付く
  • 自宅以外にコミックや本の収納スペースを確保できる
  • 大量のコミックや本も楽に収納できる
  • 空調が整っているため保管状態にも安心できる
  • いつでも好きなときにコミックや本を取り出すことができる
  • ほかに不用品があるときは一緒に保管できる

トランクルームを利用するメリットは、たくさんあります。中でも、空調が整っている環境でコミックや本を保管することができる点は、大きなメリットです。自宅で保管しているときに悩みがちな、カビやしみの心配も少なくなりますよ。

3-5.トランクルーム業者を選ぶときのコツ

トランクルームの人気が高まっている影響で、多くの業者が参入してきています。しかし、全部の業者が良いとは限りません。トランクルーム業者を選ぶときのコツについては、以下を参考にしてください。

  • トランクルームの運営で定評があること
  • 自宅の近くにトランクルームがあること
  • トランクルームの種類が豊富なこと
  • 空調管理などがしっかりしていること
  • いつでもトランクルームに入ることが可能なこと
  • 警備体制が万全であること
  • 個人情報の管理がしっかりしていること
  • 毎月の契約料が良心的な設定であること
  • 解約にかんしても明確な説明があること
  • 説明や対応が親切で感じが良いこと

トランクルームは、基本的に1か月単位で長期間の契約を前提にしていることが多いです。また、大切なものを保管するために契約するのですから信頼できる業者を選びましょう。良い業者は、上記のポイントを自然と満たしているものです。なお、トランクルーム業者にかんしては、以下も参考にしてください。
アルファトランク:http://www.alpha-trunk.jp

3-6.トランクルーム業者を選ぶときの注意点

トランク業者選びで何より大切な点は、信頼できる業者かどうかです。たとえば、悪い業者は、皆さんが不在のときに正当な理由も無くトランクルーム内に入る可能性もあるでしょう。また、個人情報の管理がずさんな業者は、情報の流出が心配です。契約の相談や質問をしたときに対応が悪かったりいい加減な態度を見せたりする業者は、ひとたび契約を保留しましょう。万が一でも大切にしているコミックに影響があることは、避けたいことです。トランクルーム業者を選ぶときには、信頼できるかどうかをしっかりチェックしてください。

4.コミックの収納にかんするよくある質問

それでは、コミックの収納にかんするよくある質問にお答えします。皆さんが実際にコミックの収納をするときに疑問を抱きやすい内容もあるため、しっかり確認しておいてください。

4-1.長年収納したままのコミックの臭(にお)いを取る方法は?

コミックから臭(にお)いがする原因は、カビやしみの発生のほかにも風通しの悪さが影響している場合があります。コミックの臭(にお)いが気になるときは、虫干しをしてみるとよいでしょう。虫干しとは、晴れた日中にコミックの湿気(しっけ)を追い出すことを目的で風にさらすことです。虫干しが完了するころには、臭(にお)いも軽減していることでしょう。また、虫干しをすることで、コミックの中にこもった湿気(しっけ)を追い出すことが可能なほか、本の害虫対策にも有効なので試してみてください。

4-2.コミックが増え過ぎた場合、収納よりも売却した方が良いですか?

売却をしてもよいと思うことができる場合は、売却しましょう。状態が良かったりマニアから需要が高かったりするコミックは、高値で売れることもあります。また、不要なコミックを処分することで、収納の悩みも小さくなることは間違いありません。しかし、コミックは、売却してしまうと同じものを買い直すという方法はあります。絶版のものなどを例にするとよいかもしれません。本当に売却しても後悔しないかよく考え、何度考えても売却して問題無いという結論に至る場合は、売却してください。後悔しそうなときは、売却をやめましょう。

4-3.トランクルームにも本棚を持ち込むべきでしょうか?

トランクルームも、同じスペースでも活用しだいで収納力を上げることが可能です。たとえば、下部に移動用のキャスターが付いた本棚を持ち込むことで移動もしやすくなるでしょう。キャスター付きの本棚は、特定のコミックを探すときにすぐに移動ができて便利です。しかし、本棚を必ず持ち込む必要はありません。本棚でなくても、収納ボックスや衣装ケースなどに入れてもよいのです。トランクルームは、アイデアしだいでどのように収納をしても構いません。皆さんが、使いやすいように収納ボックスや収納グッズを上手(じょうず)にアレンジしてみてください。

4-4.コミックはトランクルームから夜中でも持ち出すことは可能ですか?

トランクルームを契約したときに、夜中でも契約者が自由に立ち入ることができるとなっている場合は、問題ありません。トランクルームは、いつでも契約者が自由に出入りできる点も大きなメリットですからね。ただし、全部の業者が夜中の立ち入りを許可しているわけではありません。さまざまな都合で夜中の立ち入りが多くなりそうな場合は、契約のときにきちんと確認しておきましょう。

4-5.トランクルームには盗難などの保証はあるのですか?

トランクルームは、契約者は24時間いつでも入ることが可能なところが多いです。しかし、夜間など警備対策が心配なこともあるでしょう。また、万が一の盗難などの保証も心配ですよね。夜間など人の少ない時間帯にトランクルームに入るときは、念のため周囲に用心をすると良いでしょう。また、不在のときの盗難の心配にかんしては、多くのトランクルーム業者で警備会社と提携していたり監視システムを整えていたりするので安心してください。

まとめ

大量にあるコミックは、長年掛けて買い集めてきた宝物です。しかし、増え過ぎてしまうと収納の悩みが出てくるのも事実でしょう。収納場所に限りがある場合は、処分をするか保管場所を考えることが大切です。処分したくないけど保管場所も無い場合には、トランクルームの活用も検討してください。大切なコミックをいつまでもきれいに保管したいのなら、今すぐ適切な保管を考えましょう。

トランクルームで収納不足の悩みを解決!