在庫の保管にトランクルームがおすすめな理由と知っておくべき注意点

在庫の保管にお困りではありませんか? 「仕入れた在庫を社内に保管しきれない」という悩みは意外と多いものです。在庫とは、販売・供給することを目的に企業が仕入れるものであり、しっかりと保管・管理しなければなりません。しかし、大量の在庫を保管しておくための場所がない場合はどうしたらよいのでしょうか。この記事では、在庫の保管場所としてトランクルームを活用する方法をご紹介します。

  1. 在庫の保管について
  2. 在庫の保管方法
  3. 在庫の保管にトランクルームを活用する
  4. 在庫の保管にかんするよくある質問

この記事を読むことで、在庫の保管にかんする悩みが解決するはずです。ぜひ、トランクルームの活用を検討してみてください。

1.在庫の保管について

まずは、在庫の保管にかんする問題点をまとめました。

1-1.在庫とは?

在庫とは、企業が所有する製品や原材料・中間品のうち、販売や供給を目的としたものを言います。通常、在庫は企業活動によって数が減っていくものです。しかし、顧客満足度や生産性の向上のために、必要最低限の在庫を保管しておかなければなりません。在庫を持つことは企業にとって非常に重要なことです。しかし、以下のような問題点もあるということを覚えておきましょう。

1-2.在庫保管の問題点

在庫保管には、さまざまな問題点があります。まず、社内の保管スペースが足りないという点です。販売計画の誤りなどによって在庫の量が多くなってしまったときなどに「社内に保管しきれない」という問題が発生してしまいます。また、在庫の種類によっては保存期間が決められているものもあるでしょう。そういった在庫をどのように管理するかは、重要な問題です。大量の在庫を狭いスペースに保管しようとすると、何をどこに保管したか分からなくなるケースも発生します。分かりやすくきれいに保管するためにも、こういった問題点を解決する方法を考える必要があるでしょう。

2.在庫の保管方法

在庫の保管方法や注意点などをご紹介します。

2-1.注意点

在庫を保管する際に、知っておくべき注意点がいくつかあります。まず、セキュリティーを万全な状態にしておくことです。在庫は企業にとって重要な役割を果たすものであり、盗難などの被害からしっかりと守らなければなりません。また、在庫の種類によっては湿気対策も必要です。湿気が多い時期は長期間保管しておくと材質が変化してしまうこともあるでしょう。在庫として使えなくなってしまう可能性があります。保管期間についてもチェックした上で、最適な保管方法を検討しましょう。

2-2.保管方法

大量の在庫を限りあるスペースに保管する場合は、カラーボックスやコンテナ、キャスター付きの台車などを使用すると便利です。空間を利用して効率的に保管しましょう。カテゴリー別に分類して番号を付けるなど、何がどこに保管してあるか一目で分かるようにするとよいでしょう。

2-3.在庫管理について

「在庫管理はビジネスの基本」と言われています。在庫が経営に与える影響は非常に大きく、定期的に管理して正確に把握することが大切です。在庫管理がしっかりと行われていないことで生じる弊害には、以下のようなものがあります。

  • キャッシュフローの低下
  • 資金の無駄づかい
  • 顧客満足度の低下

2-4.保管場所について

倉庫に在庫を保管している企業は多いでしょう。しかし、在庫が増え過ぎて倉庫が圧迫されてしまった場合などは、業者による保管サービスを利用する方法もあります。面積が広い業務用倉庫などを活用して、必要なときにいつでも出し入れが可能な保管サービスを提供している業者が増えてきているのです。

2-5.理想の保管場所とは?

在庫の保管に理想的な環境とは、以下のような場所です。

  • 製品ごとの最適な温度と湿度で管理できるようになっている
  • 虫やねずみなどが出入りできないようになっている
  • 製品の劣化を招く紫外線が入り込まないようになっている
  • エアコンからの水滴によって品質に影響を与えないようになっている
  • 保管の管理基準が明確になっている

3.在庫の保管にトランクルームを活用する

トランクルームを活用して在庫を保管する方法についてご紹介します。

3-1.トランクルームとは?

トランクルームとは、企業や個人の荷物を一時的に預かる貸しスペースのことです。企業または個人が直接契約をし、利用料を支払って利用します。社内に入りきらない在庫の保管場所としてトランクルームを活用する企業も多く、物品の特性に応じたトランクルームを探す必要があるでしょう。

3-2.活用のメリット

トランクルームの活用にはさまざまなメリットがあります。まず、気軽に利用できるという点、そして、24時間出し入れが自由という点です。契約が簡単で手ごろな料金で利用できるというメリットも大きいでしょう。

3-3.在庫の保管に向いているトランクルームとは?

在庫の保管に向いているトランクルームは、以下のようなものです。

  • セキュリティー面が充実している
  • 空調設備が充実しており、温度や湿度がコントロールできる
  • 必要なときにいつでも出し入れができる

3-4.業者選びのポイント

トランクルームのレンタルを行っている業者は、全国にたくさんあります。業者を選ぶ際には、いくつかのポイントをチェックしてください。まず、会社から近い場所でトランクルームの貸し出しを行っているか、料金体系は分かりやすいか、必ず確認しましょう。また、在庫管理に使用する場合は、空調設備が整っているか、セキュリティー対策が充実しているかも重要なポイントになります。万が一、盗難や火災などが起きたときのことを考えて、補償内容も確認しておきましょう。

3-5.使用の流れ

東京・神奈川でトランクルームの貸し出しを行っている「アルファトランク」では、電話またはホームページのフォームから問い合わせを受け付けています。申込書をメールまたはFAXで送付しますので、必要事項を記入の上、本人確認書類と一緒に返送してください。担当者からの連絡がいき、入金していただく流れとなります。入金確認後、鍵と契約書・口座引落依頼書をお送りしますので、契約書と引落依頼書を返送していただくと契約完了です。

3-6.料金について

トランクルームの料金は、サイズや設備などによって異なります。屋内型か屋外型かによっても変わってくるため、事前に確認しておきましょう。「アルファトランク」では現在、月額使用料の割引や事務手数料無料などのお得なキャンペーンを実施中です。ぜひチェックしてみてください。

3-7.注意点

トランクルームには、預けることができないものもあります。危険物や現金・印鑑・権利書などは保管できないところがほとんどです。事前にしっかりと確認し、契約違反にならないように注意しましょう。

4.在庫の保管にかんするよくある質問

「在庫の保管について知りたい」という人が感じる疑問とその回答をまとめてみました。

4-1.在庫数が合わなくなる原因にはどのようなものがありますか?

A.単純な入力ミスや作業ミスから、請求と出荷のズレまでさまざまな原因が考えられます。最も多いのは、管理ルールが徹底されていないという原因でしょう。余裕のある保管スペースを確保し、在庫管理ルールを細かく設定することが大切です。

4-2.在庫管理の入力ミスを防ぐにはどうしたらよいですか?

A.バーコードやQRコードを利用して在庫管理システムを連動させることで、手入力によるミスを防ぐことができます。

4-3.「ロケーション管理」とは何ですか?

A.在庫保管スペースを有効的に利用するための管理方法です。商品ごとに保管場所を決めておく「固定ロケーション方式」と、入庫のたびに空いている場所に保管する「フリーロケーション方式」があります。

4-4.トランクルームに保管した在庫が盗難にあう可能性はありますか?

A.屋外型トランクルームに預けた荷物が盗難にあった例はあります。防犯カメラや管理人の有無、補償内容などを確認し、セキュリティーがしっかりした業者を利用するようにしましょう。

4-5.「トランクルーム」と「レンタル収納スペース」の違いは何ですか?

A.倉庫会社が経営しているものが「トランクルーム」、賃貸会社が経営しているものが「レンタル収納スペース」です。トランクルームは基本的に「委託契約」となるため、業者が預かった荷物に対する責任を負うことになります。

まとめ

いかがでしたか? 在庫の保管方法やトランクルームを活用するメリットなどをまとめてご紹介しました。「在庫を保管するスペースがなくて困っている」という企業は多いでしょう。そんなときは、トランクルームを利用する方法を検討してみてください。企業にとって大切な在庫だからこそ、正しい知識を持ってトランクルームを活用しましょう。

トランクルームで収納不足の悩みを解決!