狭い部屋の収納アイデアを紹介! 狭い部屋を広く見せるコツは?

「狭い部屋でも何とか収納できたら良いのに……」と狭い部屋ならではの悩みを抱えている方は多いでしょう。特に、1Rや1Kといった1人暮らし用の部屋は狭く、収納スペースも限られていますよね。収納グッズを使うとしても、置ける場所が少なくゴチャゴチャになってしまうでしょう。

そこで、本記事では、狭い部屋の収納アイデアをいくつか紹介していきたいと思います。

  1. 狭い部屋の収納アイデアを紹介
  2. 狭い部屋を広く見せるコツは?
  3. 部屋以外に収納する選択肢も
  4. 狭い部屋の収納に関してよくある質問

この記事を読むことで、狭い部屋を広く見せるコツなども分かります。悩んでいる方はぜひチェックしてください。

1.狭い部屋の収納アイデアを紹介

まずは、狭い部屋の収納アイデアをいくつか紹介します。

1-1.すき間を有効活用する

狭い部屋ならではの収納アイデアは、すき間を有効活用することです。ほしい場所に収納スペースがなくても、ちょっとした工夫で収納できる空間は生まれます。たとえば、洗面所では洗面台の下に収納スペースがあると思いますが、そこに突っ張り棒や伸縮ラックを置いてください。すると、上下2段に分けてものが置けるようになります。これは台所の下にある収納スペースにも活用できる方法です。上下の空間をうまく活用するために、わざと段を作ります。ほかにも、トイレ空間の上部に突っ張り棒を取り付けるだけで、そこにトイレットペーパーや洗剤が置けるようになるでしょう。突っ張り棒はさまざまな場所で活用できる便利なアイテムです。

1-2.クローゼットの収納術

狭い部屋ではクローゼットも狭く、収納スペースが限られていることでしょう。ちょっとした収納スペースだとしても、工夫によってはその空間を上手に活用できるものです。たとえば、上置き棚がある場合、そこに組み立て式の布製ボックスを設置してください。客用布団・シーズンオフの衣類を収納する場所となりますし、布団を圧縮すれば奥の壁に立てかけることもできます。さらに、ハンガーバーの下にはハンガーラックを置くといいでしょう。さまざまな収納アイテムを活用することで、収納力が2倍になります。

1-3.突っ張り棒で収納スペースを作る

即席クローゼットを突っ張り棒で作るのも狭い部屋のアイデアとなります。収納スペースがなければ、自分で作ってしまおうというわけですね。部屋の隅にピッタリサイズの棚を設置し、突っ張り棒を上に設置して布でおおえば即席クローゼットが出来上がります。「即席クローゼットを作るとさらに部屋が狭くなる……」と不安になりがちですが、明るい色の布を使えば、部屋全体を広く見せる効果が期待できるでしょう。壁と同じ色の布にすれば、全体に溶け込み広く見せることもできます。

1-4.間仕切りとしての収納スペース

収納を間仕切りとして使用する方法もアイデアの1つです。たとえば、1Rでキッチンと部屋が同じ空間にある場合、キッチンと生活空間の間にユニットシェルフやカラーボックスといった収納アイテムを設置してください。背面パネルを取り付ければ、見た目もスッキリしますし、収納場所として活用できます。ほかにも、ベッドとソファーの間に棚を設置して間仕切りにするだけでも、プライベートの空間を分けることができるので一石二鳥です。

1-5.収納を意識した家具選び

新しく家具を選ぶ際は、収納を意識するのもアイデアの1つです。狭い部屋だからこそ、普段使う家具を収納できるタイプにします。たとえば、ベッドを選ぶ場合、さまざまな種類があると思いますが、なるべく収納力があるタイプを選ぶといいでしょう。足高のベッドであれば、下に収納できるスペースが生まれます。テーブルであれば引き出し付きのタイプがおすすめです。腫瘍の家具を収納力のあるタイプにするだけでも、収納力がアップします。

2.狭い部屋を広く見せるコツは?

ここでは、狭い部屋を広く見せるコツをいくつか紹介します。

2-1.目線を意識する

狭い部屋を広く見せるためには、目線を意識することが大切です。部屋の中央エリアは床が見える場所ですので、なるべくものを置かないほうがいいでしょう。床の面積が広く見えるほど部屋は広く感じられるため、床にはものを置かないように意識してください。また、家具は窓をふさがないように、まとめて配置することも大切です。できれば、自分の目線よりも低い高さの家具で統一するといいでしょう。背の高い家具は壁をおおってしまうため、狭い部屋がさらに狭く感じてしまいます。目線を意識した家具選びと配置が大切なポイントです。

2-2.明るく淡いトーンの色を使う

現在、あなたの部屋はどのような色がメインになっているでしょうか。部屋のメイン色が膨張色(暖色系)だと部屋が狭く見えてしまう恐れがあります。部屋を広く見せたいのなら、明るい色使いや淡いトーンで家具やカーテンなどを統一してください。オレンジや赤色といったハッキリしている色を使うのではなく、オフホワイトといった淡いトーンの色をメインにするといいでしょう。濃い色を使いたい場合は、なるべく床に近い場所だったり、空間の下部分にして上部分を明るい色にしたりするなどの工夫が必要です。

2-3.ものの定位置を決めて、片付けのルールを作る

部屋を広く見せるためには、散らかさないように意識を高めることも大切なポイントです。すぐに散らかってしまう方は、ものの定位置を決めていない共通点があります。ものによって置く場所をきちんと決めておくことが、散らかりにくい部屋=広い部屋につながるものです。たとえば、メイク用品は洗面所の引き出し・リモコンはテレビ横の収納ケースなど、置き場所を決めておきましょう。また、使った後はすぐに定位置に戻すなど片付けのルールを作ってください。無理のない範囲で片付けのルールを決めることで、片付けが習慣化しやすくなります。

2-4.抜け感を意識する

狭い部屋でも広く感じられる空間は、抜け感を意識しています。たとえば、家具を配置する場合、窓前に大きな家具を置いてしまうと抜け感がなくなってしまうのでNGです。逆に、玄関から窓まで見える動線を作ることができれば、抜け感が生まれ、部屋が広く見えるでしょう。また、ソファーの前にテーブルを置くケースが多いですが、なるべく置かないようにするのも選択肢の1つです。大型家具を置かないだけでも部屋が広く見えます。さらに、床面をできるだけ見せたほうが部屋は広く見えるので、ラグのデザインを円形にしたり、脚元のデザインが抜けた家具を選んだりするのも工夫のポイントです。

2-5.使っていないものを処分する

部屋を広く見せるためには、ものを減らすのが1番の策といえるでしょう。いくら上手に収納できたとしても、ものが多すぎるとゴチャゴチャしてしまいます。収納前に、まずは使っていないもの・要らないものを処分してください。今クローゼットや押し入れに入っているものを一度外に全部出して、そこから必要なもの・要らないものに分けていきましょう。「もったいないから」「いつか使いかもしれない」というものは今後も使わない可能性が高いので思いきって処分します。なるべく、持っているものの量を減らすことで、収納もスムーズにできるでしょう。

3.部屋以外に収納する選択肢も

ここでは、部屋以外に収納する選択肢をいくつか紹介します。

3-1.衣類保管サービスを利用する

自分の部屋以外に収納する方法として、衣類保管サービスがあります。衣類保管サービスとは、預けたいものをダンボールで送るだけで、倉庫などに保管してくれるサービスのことです。最近、注目されているサービスで利用者が増加しています。部屋以外の場所で収納できるため、オフシーズン中で使わないものや衣類などを保管してもらえる便利なサービスといえるでしょう。衣類のほかにも、布団や靴などの預かりも可能です。手軽な料金から利用できるサービスもあるので、ぜひチェックしてみてはいかがでしょうか。

3-2.トランクルームを活用する

衣類保管サービスのほかに、トランクルームを活用するのも方法の1つです。トランクルームといえば、屋外にあるコンテナをイメージする方が多いと思いますが、最近ではビルの一角にトランクルームを設置している業者が多数登場しています。空調設備や防犯設備が整っている屋内のトランクルームを利用すれば、大切な衣類や小物類も安心して預けることができるでしょう。トランクルームは、もう1つの収納場所として活用できる便利なサービスです。ただし、トランクルームの場所や広さによって月々の使用料が大幅に変わるため、事前に費用はチェックしておいたほうがいいでしょう。

4.狭い部屋の収納に関してよくある質問

狭い部屋の収納に関する質問を5つピックアップしてみました。

Q.断捨離のコツは?
A.1日で一気に終わらせてしまわないことです。「今日1日で断捨離を終わらせる!」という気合いはもちろん大切ですが、片付けが下手な人ほど継続するのは困難でしょう。まずは、ポーチやカバンなど小さなところから断捨離を始めてください。それから、断捨離に慣れてきたら引き出しの中、クローゼットと規模を大きくしていきます。小さなところから断捨離を始めることで、「自分でもできる」とモチベーションが高まるはずです。自然と断捨離をすることが楽しくなるでしょう。

Q.キッチンの収納スペースを増やすポイントは?
A.狭い部屋のキッチンも省スペースですので、壁面を上手に活用するのがポイントとなります。たとえば、お玉やフライ返しといった調理器具は、壁面に吊(つる)す形で収納するといいでしょう。壁面はほかの収納スペースを圧迫することはありませんし、調理しやすい配置で収納できる絶好の場所です。ほかにも、作業台のちょっとしたスペースに調味料ラックを配置したり、扉の裏側にラップを立てかけたりするなど、狭い場所ならではの工夫があります。

Q.狭い部屋はベッドと布団のどちらかがいいのか?
A.布団のほうが場所を取らないように感じますが、使った後は畳んだり、部屋の隅に立てかけたりするなど手間がかかってしまいます。1Rや1Kであれば、下を収納スペースとして活用できるベッドがおすすめです。特に、跳ね上げ式のベッドなら大きな荷物でも楽に片付けることができるでしょう。さまざまな種類のベッドがあるので、どこに配置すればいいのか考えながら選んでください。

Q.どんなトランクルームがあるのか?
A.主な種類としては、屋外と屋内の2種類があります。屋外のトランクルームといえば、コンテナが代表的です。大型バイクや外で使うものなどの収納場所に最適でしょう。ただし、雨風の影響を受けやすいため、衣類などの収納には向いていません。衣類や靴・小物類といったものは、空調設備が整っている屋内のトランクルームを利用するといいでしょう。また、屋内のトランクルームといっても、ロッカーサイズから1畳サイズなどさまざまな大きさがあります。預けたいものの量に合わせてトランクルームを選びましょう。

Q.トランクルームと衣類保管サービスの利用料金はいくらぐらいか?
A.トランクルームの場合、月額料金となっており、約4,000~8,000円が目安となります。トランクルームの場所や大きさによって料金に差が出てくるため、事前に確認しておかなければなりません。主要都市の駅に近ければ近いほど、広くなればなるほど月額料金が高くなります。一方、衣類保管サービスの利用料金は月数百円~が目安でしょう。ただし、トランクルームに預けるよりも量は少なく設定されている可能性があります。利用する前に、どのくらいの量を預けられるのか確認しておきましょう。

まとめ

狭い部屋の収納アイデアは、デッドスペースを活用したり、壁面収納をしたりするなどさまざまな方法があります。収納スペースが限られていても、断捨離をしっかりとして上手に収納すれば、スッキリとした部屋になるでしょう。また、部屋を広く見せるために空間を作ったり、抜け感を意識したりすることも大切です。どうしても収納スペースが足りない場合は、衣類保管サービスやトランクルームを利用する方法もあります。自分の部屋以外での収納スペースが生まれるので、オフシーズンものや普段使っていないものを収納できる場所として最適です。

トランクルームで収納不足の悩みを解決!