捨てない片付け

捨てない片付けを実践する6のポイント! キレイな部屋を維持するコツ

「ものを捨てたくない」「今のまま部屋をキレイにできないか?」など、ものを捨てない方法で何とか片付けられないかと悩んでいる方は多いでしょう。

ものでいっぱいになっている部屋を片付けようと思っても、なかなかうまくいかない方は多いはずです。片付けに苦手意識を持っている方でもポイントを押さえておけば、ものを捨てずに部屋がキレイになります。

そこで、本記事では、捨てない片付けの実践方法とポイントなどについて詳しく説明しましょう。

  1. 捨てない片付けを実践する方法とポイント
  2. キレイな部屋を維持するためには?
  3. 荷物をトランクルームに預けるという選択肢も
  4. 捨てない片付けに関してよくある質問

この記事を読むことで、キレイな部屋を維持するコツやトランクルームを利用する方法も分かります。気になっている方はぜひ参考にしてください。

1.捨てない片付けを実践する方法とポイント

まずは、捨てない片付けを実践する方法とポイントについて詳しく説明します。

1-1.なぜ捨てられないのか考える

捨てない片付けを実践する前に、まずは、なぜ自分がものを捨てられないのか、その原因について考えてみてください。人によって、ものを捨てられない原因はさまざまです。たとえば、「まだ使えるから」「もらったものを捨てるのは失礼だから」などがあると思います。なぜものを捨てられないのか自問自答した上で整理整頓をすると、ものに対する執着も少なくなるので片付けやすくなるでしょう。ものに対する自分の考え方を見直すことも、片付けでは必要な作業です。

1-2.自分にとって必要なものは何なのか考える

なぜものを捨てることができないのかはもちろんのこと、自分にとって必要なものと不要なものは何なのか、しっかりと考えるのも大切なポイントです。思い入れの強いものや使うたびに幸せな気持ちになるものは、手元に残しておいても問題はありません。ただし、見ているだけで何も感じないもの・いつの間にか忘れていたものなどは、あなたにとって必要のないものといえるでしょう。自分にとって何が必要なのか、自分自身が欲しているものを見極めることも捨てない片付けにおいて大切なポイントとなります。

1-3.仕分ける

たくさんあるものを仕分けることは、捨てない片付けにおける基本です。どこに何があるのか分からない状態では、すぐに汚い部屋に後戻りしてしまいます。スッキリさせるためにはものを減らすことが1番ですが、ものを捨てない片付けでは仕分けが大切なポイントです。たとえば、日常でよく使うものは手の届きやすいところにまとめる・食器棚ならよく使う食器だけを厳選して仕分けるなど、さまざまな方法があります。ものの置き場所を決めるときは、よく使う場所にまとめておきましょう。

1-4.収納ケース・ボックスを活用する

捨てない片付けにおいて、活躍するアイテムが収納ケースやボックスです。100円ショップなどにも気軽に購入できますし、現在ではさまざまな形やカラーがあるので部屋に合わせて使うことができるでしょう。収納ケースやボックスには、散らかりやすい小物類などの収納にぴったりです。リビングのテーブルやデスクなど、散らかったものはケースに収納することでスッキリします。片付けが苦手な人でも、収納ケースやボックスにものを入れることだけは簡単にできるでしょう。

1-5.無理に捨てないことも大事

ものを減らしたほうが上手に片付けられるからと、無理に捨てるのはNGです。確かに、持っているものを少なくしたほうが整理しやすくなるので、ものがたくさんある環境よりも片付けやすくなるでしょう。無理をしてものを捨ててしまうと、本当に大事なものを捨ててしまう恐れがあります。無理にものを捨てた反動で、新しいものをたくさん買ってしまうこともあるのです。そのため、無理をせずに、自分のペースで片付けましょう。

1-6.出したらもとの場所に戻す

捨てない片付けでは、ものの定位置を決めることはもちろん、出したらその定位置に戻す習慣も大切なポイントとなります。まずは、片付けたいスペースにあるものをすべて出し切りましょう。そして、取り出したものが自分にとって本当に大切なものなのかを考えます。次に、ものの定位置を決めて、使ったら定位置に戻すことを意識しましょう。最初はその意識づけが大変に感じると思いますが、毎日少しずつ気をつけることで自然と習慣化していきます。

2.キレイな部屋を維持するためには?

ここでは、キレイな部屋を維持する方法を解説します。

2-1.定期的に持っているものを見直す

キレイな部屋を維持するために、持っているものを定期的に見直しましょう。常に部屋が汚い人ほど、どこに何があるのか、自分が何を持っているのか把握しきれていません。定期的に持っているものを見直すことで、自分がどんなものをどのくらい持っているのか把握しやすくなります。1週間に1回でもいいので、特に散らかりやすい場所を意識して定期的に所有物を見直してください。

2-2.新しいものを購入したら古いものを処分する

新しいものを購入したら、古いものを処分することもキレイな部屋を維持するための大切なポイントです。生活をしている限り、次から次へと新しいものが増えていきます。新しいものが増え続けると収納スペースが足りなくなってしまい、家の中がもので溢れてしまうでしょう。部屋をキレイな状態に保ち続けるためにも、新しいものを購入したら古いものを処分してください。すると、古いものを収納していた場所に新しいものを収納するスペースが生まれます。

2-3.余計なものは買わない

セールや割引に惑わされたり、ついつい不要なものまで買ってしまったりすることはありませんか? キレイな部屋を維持するためには、余計なものを買わない努力が必要です。部屋がすぐ汚くなる・整理整頓できていない人ほど、セールや割引などに惑わされてすぐに不要なものまで買ってしまう傾向があります。特に、1Rや1Kなど1人暮らしの部屋は収納スペースが狭いので、無駄なものは買わないように意識することが大切です。

2-4.ものを積み重ねない・床に置かない

ものを積み重ねたり、床に置いたままにしたりしないようにすることも、キレイな部屋を維持するポイントとなります。たとえば、帰宅して脱いだコートをそのまま置きっぱなしにしたことはありませんか? 疲れていると片付けが面倒に感じると思いますが、床にものを放置したり積み重ねたりしているとどんどんものが散乱してしまいます。帰宅後すぐにコートがかけられるよう玄関近くにラックを置く・カゴの中に洗濯するものを入れるなど、ちょっとした工夫がキレイな部屋につながるでしょう。

2-5.一気に片付けるのはNG

部屋をキレイにするために、一気に片付けようとする人がいますが、それはNGです。片付けに苦手意識がある人ほど、まずは自分が簡単にできるところから片付けてみてください。一気に片付けようとすると、途中でやる気が失せて汚い部屋にリバウンドする恐れがあります。まずは、テーブルの上・クローゼットの中など1箇所に絞って片付けてみましょう。そして、キレイにした場所を1週間キープしてみてください。1週間キレイな状態がキープできれば、ほかの場所も同じ方法で実践してみましょう。そのように心がけることで習慣化しやすくなります。

3.荷物をトランクルームに預けるという選択肢も

ここでは、荷物をトランクルームに預ける方法を解説します。

3-1.収納サービスを利用する

どうしてもものを捨てたくない・部屋に収納スペースがないと悩んでいる方は、トランクルームを利用するのも選択肢の1つです。トランクルームとは、自宅の延長線上として利用できる収納サービスのことを指しています。利用したいトランクルームを選択し、月額料金を支払って収納スペースをレンタルする仕組みです。自宅以外の収納場所として利用できるため、オフシーズンのものや頻繁に使わないものなどが収納できるでしょう。ものを捨てずとも部屋をキレイに片付けることができます。

3-2.主な種類は屋内型と屋外型

トランクルームにもさまざまな種類がありますが、主な種類は屋内型と屋外型の2種類です。一般的に、トランクルームといえば空き地など広い場所に設置されているコンテナを思い浮かべる人が多いのではないでしょうか。けれども、最近ではビル一棟がトランクルームになっているような屋内型のトランクルームが増えてきています。屋内型のトランクルームは、空調設備や防犯設備が整っているので湿気に弱い繊細なものでも安心して預けることができるでしょう。預けたいものによって屋内型か屋外型を選ぶことが大切です。

3-3.月額料金を確認する

ほとんどのトランクルームは月額料金となっています。月額料金はトランクルームの広さや設備の有無・立地などによって異なるため、事前の確認が必要です。だいたいの相場は、1か月あたり約2,000~6,000円となっています。料金の幅がとても広いため、複数のトランクルーム業者を比較したほうがいいでしょう。比較することで、この設備かつ立地だといくらになるのか把握しやすくなります。

3-4.トランクルームならアルファトランクへ

どのトランクルーム業者に依頼すればいいのか分からずに悩んでいる方は、ぜひアルファトランクをご利用ください。東京都・神奈川県を中心に多数のトランクルームを扱っているアルファトランクでは、どのトランクルームも車や電車など交通機関を利用してのアクセスが良好です。早ければ翌日から使用できるほか、短期間での利用も可能となっています。さらに、現在は契約時の事務手数料無料・使用料10~40%オフ・使用料最初の2か月無料というトリプルキャンペーンも実施中です。無料相談も受け付けていますので、トランクルームの利用を検討中の方はぜひ一度お問い合わせください。

4.捨てない片付けに関してよくある質問

捨てない片付けに関する質問を5つピックアップしてみました。

Q.なぜものが増えるのか?
A.人によってさまざまな理由がありますが、「安いから」という理由でたくさんものを購入してしまう傾向があります。安いものは「また買えばいい」という気持ちになるため、扱い方が乱暴になり、新たにものを買ってしまいがちです。安いものを購入してしまう傾向がある方は、あえて安いものを買わないという手段を取ることも大切なポイントといえるでしょう。

Q.ものを捨てる判断基準とは?
A.「今」使っているかどうかが、判断基準の1つになります。今使っているものは生活に必要なものだと判断していいでしょう。けれども、今使っていないものは今必要ないものです。「いつか使うから」と手元に残していても使う機会はほとんどありません。そのため、今使っていないものは処分することをおすすめします。

Q.捨てない片付けで注意すべきことは?
A.収納グッズを増やしすぎないことです。散らかっているものを収納するために、ケースやボックスは活用できます。けれども、収納グッズを増やしすぎてしまうと、余計にものが増える恐れがあるので増やしすぎないように注意してください。

Q.収納スペースを増やす方法は?
A.捨てない片付けで収納スペースが足りなくなった場合は、壁や扉を活用するといいでしょう。壁に突っ張りラックやウォールシェルフなどを設置するだけでも、収納スペースが生まれます。また、玄関にマグネット式のキーボックスや傘立てを取り付けると収納できるのでおすすめです。

Q.トランクルームを利用する際の注意点は?
A.トランクルーム業者のホームページに掲載されている写真と違っていたなどのトラブルが起きているため、自分の目で確かめることが大切です。トランクルーム業者の中には、現地見学が可能なところもあります。自分の目でしっかりとトランクルームを確認してから正式に契約しましょう。

まとめ

いかがでしたか? 捨てない片付けを始める前に、自分がどのくらいの量のものを持っているのか把握することが大切です。そして、ものの定位置を決めて、使ったらもとの場所に戻すことを心がけましょう。どうしても収納スペースが足りなくなった際は、トランクルームを活用する方法もあります。アルファトランクでは、東京都と神奈川県を中心に多数のトランクルームを運営しているので、ぜひ一度お問い合わせください。